素敵な街+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵庫県神戸市 part3 神戸海軍操練所跡 『兵どもが夢の跡』

<<   作成日時 : 2011/11/03 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


幕末の英雄『勝海舟』『坂本龍馬』が率いた『神戸海軍操練所』。この場所は未来の日本を創る壮大な思想を持った夢の舞台でしたが、江戸幕府の嫌疑により実際の活動期間は約1年程と短く、その夢の時間は長くは続きませんでした。今回はこの『神戸海軍操練所』が閉鎖に追い込まれたある事件の意外な決定打に迫ります。

画像


文久3(1863)年4月、攘夷決行に迫られて上洛した時の将軍徳川家茂』が大阪湾を視察した際、『勝海舟』は

「日本を植民地化しようとする列強国に対応するには、貿易を推し進めて国力を増強しなければなりません。それ故海に囲まれた日本には軍艦と海軍が必要なのです。」

と海軍設立の必要性を説きます。

画像


この頃勝は、海軍士官養成所及び軍艦造船所を京都に近い神戸へ造ることを構想していました。

画像


そしてこの構想を現実のものとすべく

「大坂から神戸沿岸を守ることは京の天皇を守ることである」

画像


と公卿であった『姉小路公知(あねがこうじきんとも)』を軍艦に乗船させるなど、朝廷側へも進言して働きかけていました。

画像


勝の努力が実り、翌元治元(1864)年4月23日当時小さな港町に過ぎなかった神戸の警備の手薄さを感じた幕府は、軍艦奉行であった勝海舟の進言を受け入れ、神戸へ海軍操練所設立の許可を出します。

このとき幕府からは17,000坪の土地と年3,000両の資金が約束されました。

画像


また勝には同時に私塾『海舟塾』の発足も視野に入れていました。

それは将来幕府が弱体化して仮に『神戸海軍操練所』がなくなる事になった場合でも、日本から世界に目を向けた海軍の基礎を引き継げる体制造りを目指していたからです。

画像


しかし、この私塾の運営には幕府からの金銭援助は見込めません。

そこで勝の門弟であった坂本龍馬は塾頭として奔走し、福井藩主『松平春嶽』を説得して、国外との交易で得た利益を分配するという今で言う株主への配当金支払いという策で準備金5,000両もの大金借受にこぎつけるなど運営資金の調達等を行いました。

【補足】
この龍馬の利益分配という発想は後の『亀山社中』や『海援隊』へと引き継がれていきます。

画像


そして元治元(1864)年5月、神戸の地に念願の『海軍操練所』『海舟塾』がついに設立されます。

画像


『神戸海軍操練所』は幕府の機関でありながら幕臣のみでなく、諸藩から修業者を募集し400人を超える者が集まりました。

坂本龍馬の奔走により、修業者の中には『千屋寅之助(菅野覚兵衛)』『高松太郎(坂本直)』『沢村惣之丞(さわむらそうのじょう)』『近藤長次郎』『新宮馬之助』ら土佐藩士も数多く集まりましたが、公募を始めてからなんと4日目にして幕府から疑われることになります。

事の発端は翌6月に京都警護にあたっていた幕府方の新撰組長州藩士を中心とした討幕派の有力志士らが『池田屋事件』で殺害されたことに由来します。

【補足】
『池田屋事件』は、尊攘志士らの幕府転覆計画を事前に察知した新撰組が、行動を事前に阻止するために志士の集まる池田屋を襲撃し、討幕派の志士らを弾圧した事件です。

画像


この事件で殺害された志士の中に私塾生であった『望月亀弥太(もちづきかめやた)』と『北添佶磨(きたぞえきつま)』がいました。

これにより勝の立場は悪くなり、これを受け幕府はこの私塾が討幕派の隠れ蓑ではないかという疑惑を持ち始めることになります。

そして更に元治元(1864)年7月18日に京都で『禁門の変(蛤御門の変)』が勃発します。

画像


【補足】
『禁門の変(蛤御門の変)』とは池田屋事件で有力な同志らを殺害された長州藩の過激派志士らが『久坂玄瑞(くさかげんずい)』を中心として京都に進撃し、京都御所の蛤御門付近で会津藩薩摩藩の兵と武力衝突した戦いを指します。

この戦いで長州軍は惨敗。更に御所に向けて発砲したとして長州藩は『朝敵』の烙印を押されるに至りました。

画像


この戦いにも長州側として土佐脱藩浪士であった『安岡金馬(やすおかかねま)』が加わっていたことから、幕府は尊攘志士に対する取締りを更に強化することになります。

そしてその捜査は『海軍操練所』にも及びます。

画像


このとき『神戸海軍操練所』は船員のために毛布を仕入れていました。

疑いの目で捜査していた幕府はこれを「禁門の変で敗走した長州藩の志士を匿うために購入した」と捉え、これがなんと決定打となりました。

そして同年10月12日、『海軍操練所』『海舟塾』は危険分子の集まりだと嫌疑をかけられた勝海舟は江戸召還を命じられ、更に同年11月10日には軍艦奉行をも罷免され蟄居させられてしまうのです。

画像


この勝海舟の罷免はイコール『神戸海軍操練所』の閉鎖を意味しました。

実際、翌慶応元(1865)年3月に『海軍操練所』は正式に閉鎖され、その短い活動期間に終止符を打つ事になったのです。

画像


『坂本龍馬』『勝海舟』らが夢見た『神戸海軍操練所』『海舟塾』は僅か1年程という活動期間をもって姿を消し、現在はその名残を示すモニュメントだけが神戸の街に残り往時を忍ばせるに留めています。

画像


------------------------------------------------------
海軍操練所跡

住所:〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町(NTTドコモ神戸ビル前)
見学:自由
交通:神戸市営地下鉄海岸線『三宮・花時計』駅
  『旧居留地・大丸前』駅
------------------------------------------------------





【参考文献】
『龍馬100問』「幕末動乱」研究会(編)(株式会社双葉社)
『NHK大河ドラマ歴史ハンドブック龍馬伝』日本放送出版協会(NHK出版)
『「龍馬」と幕末維新がよくわかる本』本郷陽二 幕末維新検定倶楽部(株式会社ワンツーマガジン社)

↓神戸海軍操練所を肌で感じれる数少ないアイテムをゲットしよう!
神戸海軍操練所Tシャツチャコールグレー・Mサイズ
歴史城

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神戸海軍操練所Tシャツチャコールグレー・Mサイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

神戸海軍操練所Tシャツネイビー・Sサイズ
歴史城

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神戸海軍操練所Tシャツネイビー・Sサイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


神戸海軍操練所Tシャツチャコールグレー・Sサイズ
歴史城

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神戸海軍操練所Tシャツチャコールグレー・Sサイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、初めましてmotochと申します。

ブログを見せていただき、旅行に行った気分になれるような気がしました。
とても楽しく読ませていただきました。

また覗きにきたいと思います。
motoch
URL
2011/11/04 00:00
へーって感じで読みいってしまいました。
激動の幕末という時代にはいろんなエネルギーが飛び交って、それぞれの思いが捻じ曲げられたり、人の純粋な思いを利用したりといったこともあったのでしょうね。
神戸は何度も行っていますが、ここは行ったことがありませんでした。今度機会があればのんびりと歴史を紐解きながら歩いてみたいです。
はるばる
2011/11/04 09:14
motochさん
初めまして。

勉強不足の為、大した事は紹介できませんが、旅行気分になって頂けたみたいで嬉しいです。

良かったら時折遊びに来て下さいね。

P.S.
名古屋は偶に散歩で行ってますよ。
名古屋近辺ネタでも増やそうかな。。。
ゆうじ
URL
2011/11/04 21:50
はるばるさん
こんにちは。

幕末は様々な傑物が輩出し、手法は違えどみな日本を良くしようと必死で熱い時代でした。
色々な場所でその思いに浸ってみて下さいね。

神戸は未だ4回程しか訪れていません。
私も次に訪れたときは、また色々と歩いてみようと思ってます。
ゆうじ
URL
2011/11/04 21:57
ここ、数年前に行きましたよぉー。
ただその時は、あまり興味のある所とは思えなかったのですが^^
今改めてゆうじさんの記事を読み、
「そういうことだったのかぁ」と理解しました。
神戸は見所がたくさんあって、何回でも訪れてみたいことろですね。
サプリメント管理士
URL
2011/11/04 22:39
サプリメント管理士さん
こんにちは。

そうでしたか。
行かれたことあったのですね。
少しでも役に立てて嬉しいです。

私も見所が沢山あり過ぎて未だ行きたいところ全てまわりきれてませんよ。

お互い楽しみましょうね♪
ゆうじ
URL
2011/11/05 02:52
初めまして、なごみんと申します。
フレンド申請していただいていたのに気が付かず遅くなりまして申し訳ございませんm(__)m
旅行にあまり行ったことが無い為、写真を見てその場にいるような臨場感が味わえてうれしいですv
神戸にはたぶん足を運んだことが無いと思うので、視野が広がった気がします☆
今後ともよろしくお願いいたしますv
P.S.個人トップ画面の調子が悪いのか前回の更新のまま止まってしまっております;;すぐに治るとは思うのですが・・・
なごみん
2011/11/26 19:50
なごみんさん
こんにちは。

承認ありがとうございました。
拙いBlogですが、旅行した気分になってもらえたみたいで嬉しいです。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。
ゆうじ
URL
2011/11/29 20:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人気ブログランキングへ
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
blogram投票ボタン


兵庫県神戸市 part3 神戸海軍操練所跡 『兵どもが夢の跡』 素敵な街+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる