京都東山 『永観堂(えいかんどう)』

画像


古くから「秋はもみじの永観堂」と呼ばれる創建は仁寿3年(853年)の
紅葉では有名なお寺です。

一般には永観堂と言う名で知られていますが、正式には「禅林寺(ぜんりんじ)」と
呼びます。(また無量寿院と呼ばれることもあります。)

京都府京都市左京区永観堂町48
浄土宗西山禅林寺派




見所はなんといっても圧倒的な存在感の紅葉です。

ただ、あまりにも人気があるため、私は夜のライトアップに照準を絞りました。
終了45分前に入れば・・それでも人は多いですが、かなり落ち着いてみることは
できます。

私の懇親の一枚を紹介します。
紅葉の写真は数千枚撮りましたがその中でも自分の中でベスト10に入るほど
気に入っています。

画像


また、通称「みかえり阿弥陀」と呼ばれている木造阿弥陀如来立像も見所です。
京都に行ったときはぜひ足を運んでもらいたい場所の1つです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hirameと申します。
2008年12月01日 15:35
昨年、見かえり菩薩がちょうど公開になっていたので、見て参りました。ここの紅葉は圧巻だそうですよ~。

この記事へのトラックバック