旅のノウハウ 『相手に合わせる努力』

海外旅行から帰国された方でよく

(英語文化圏で)  「英語分からないけど特に困らなかったよ」
(非英語文化圏で) 「英語だけで特に困らなかったよ」

と言われる方がいますが、恐らく・・・
”相手が困っていた”パターンが多い可能性があると思います。


海外で日本人の方をよく見かけますが、
日本人の方は(現地の方に質問で)相手の反応お構いなしに、
「カタコト・カタカナ英単語」のみで押し通したり、
日本語が話せる人だけに反応したりしている人が多いように感じます。


逆の立場を想像して下さい。


例えば(英語があまり分からない前提で)
非日本語圏の方から、英語的発音で日本語の単語のみを連呼されたり
英語だけが堪能な人たちだけで周りにお構いなしで集団で行動されたり・・・

接し難かったり近づき難いと思いませんか?


最低限、分からないことで聞きたいことを辞書や会話帳を使って指さしながら読んだり
(定冠詞や活用などが多少間違っていても)現地語の単語を繋げてなんとか文章にしたり

多少なりとも相手に合わせようという姿勢を見せれば
(悪い人でない限りは)何とか親身に助けてあげようと同じ人間ならば思うはずだと思います。


その(相手に合わせようとする)心がけが、スムーズに助け易い状況をつくると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック