世界遺産 シュパイア(Speyer) part1 『シュパイア大聖堂』

画像




シュパイア(Speyer)はドイツはラインラント=プファルツ州にある
人口約5万人の小さな街で、1981年にユネスコの世界遺産に
登録されたロマネスク様式最大級の大聖堂が有名です。


画像



この大聖堂は神聖ローマ皇帝のコンラート2世によって建設され
シュパイア帝国会議(プロテスタント誕生の契機)が開かれた場所です。

一見質素ですが、重厚な趣がありその存在感がなんとも印象的でした。



画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック