京都東山 建仁寺(けんにんじ) part1 『風神雷神図』

画像

俵屋宗達筆 「風神雷神図」 レプリカ



建仁寺は日本最初の禅寺と思っている方がいますが、
正確には聖福寺(博多)が最初にあたります。

この寺には方丈,勅使門,絹本著色十六羅漢像16幅などの文化財が
ありますが、私はなんといっても俵屋宗達の「風神雷神図」に一番魅力を
感じてしまいます。

特にこの風神が好きでその圧倒的な存在感は何度みても
魅了されてしまいます。

この寺には原本こそありませんが、複製品が解説のビデオ上映付きで
常設されています。
(原本は京都国立博物館に寄託)

受付で風神雷神グッズも多数販売されているので
記念に買い物も楽しいですよ
(朱印帳と紙バックは私の愛用品です)

建仁寺 HP
http://www.kenninji.jp/

風神雷神図(国宝)
二曲一双屏風(金地)。風神雷神をダイナミックに描いた俵屋宗達の代表作。


--------------------------------------
住所 京都府京都市東山区小松町584
宗派 臨済宗建仁寺派
寺格 大本山、京都五山三位
創建年 建仁2年(1202年)
--------------------------------------






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Hermit
2009年01月24日 22:19
俵屋宗達ですか。元禄の代表人物・・だっけ。元禄は町人文化が栄えた時代でして、風神雷神のような渋みと豪奢のマッチしたものが数多く残っているような。違ってたらごめんなさいな。

この記事へのトラックバック