ヴュルツブルク(Wurzburg) part1 『庭園から見るレジデンツ(Residenz)』

画像


世界遺産に登録されているレジデンツはドイツのヴュルツブルクにある大司教の宮殿です。

18世紀に建てられたバロック建築様式を代表するヨーロッパでも屈指の宮殿で、バルタザール・ノイマンの設計になります。


画像



建物内部は写真撮影が許可されていない部分が多いので、今回は庭園からみた宮殿写真を紹介しますね。

庭園は三角形にきちんと整備された木が非常に印象的で、この風景を見たいと思ったのが昨年の欧州旅行のきっかけになりました。


画像



開放感のある公園でまったり過ごすのが好きな人には特にお薦めだと思いました。

地元の人もベンチでまったり過ごしている人が多かったですね。
私は壮大な景色を記録に収めよう写真を撮ることに力を入れましたが・・・


画像



記録にも記憶にも残る素晴らしい眺めでした。


画像


---------------------------------------------------
住所 Residenzplatz 2 Wurzburg Germany
料金 大人: 4.50€ 子供/学生: 3.50€
時間 09:00-18:00(03/25-10月) 10:00-16:00(11月-03/24)
休館 1/1 2/8 12/24,25,31
---------------------------------------------------





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック