ちょっとためになる話 『日本はなぜ軟水?』

画像


水には硬水と軟水があるのはご存知だと思います。

しかし、なぜ日本が軟水かを知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。

そもそも硬水と軟水は水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化した「硬度」により決まります。

この数値が高いものが「硬水」で低いものが「軟水」と呼ばれます。

日本は山間部が多いとはいえ、高い山が少なくまた国土が細長くて海までの距離が近いために、
雨が山間部から平野部に流れてくるまでの時間が短くなります。

そのため、カルシウムやマグネシウムが蓄積される量が少なくなり、必然的に「軟水」になり易いのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック