ちょっとためになる話 語学編 part5 『フレスコ (fresco)』

画像


欧州を旅して史跡を巡るとフレスコ画によく出会います。

フレスコ (fresco) はイタリア語で「新鮮な」という意味になり
英語のfreshにあたります


フレスコ画とは砂と石灰を混ぜて作られたモルタルで壁を塗り、水で溶いた顔料でその上に絵を描く画法をいいます。
石灰の結晶に顔料一粒一粒が閉じ込められるので、非常に耐久性が高く数千年もの間でも絵が新鮮に保たれることからフレスコと名づけられています。


画像



ちなみに

湿式法は「Buon Fresco」 ・・・真のフレスコ
乾式法は「Fresco Secco」 ・・・乾いたフレスコ
半湿式法は「Mezzo Fresco」 ・・・中間的なフレスコ

といいます。

イタリア語の形容詞は不規則に名詞の前にきたり、後ろにきたりするので注意が必要ですね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック