世界遺産 ザルツブルク(Salzburg)市街 part2 『地形と由来』

画像



女医の西川史子さんが6/20放送の『世界!弾丸トラベラー』で紹介したザルツブルグ

結婚式の下見ということでしたが、私もこの街は結婚式に似合うと街だなぁと訪れた際に感じました。

テレビを見ていて、またこの街の美しい情景が目に浮かんできたので
第二弾として紹介しますね

世界遺産 ザルツブルク(Salzburg)市街 part1 『夜の商店街』


画像



オーストリアのザルツブルクはドイツのバイエルン州と接する東アルプスの山麓に位置(標高424m)した
人口15万人ほどの街です。

夏は比較的涼しく過ごし易いため、近郊の山岳は避暑地として人気があり、ヨーロッパ中から
人が訪れます。


画像


かつてこのあたりには湖があり、その湖が干上がった後にできた盆地が現在の市街地になります。



街の中央を流れるザルツァッハ川(全長約224km)は、湖が干上がった後に、氷河の水をドナウ川に押し出す役割としてできた一筋の流れです。
(かつての湖の大きさは南北約20km,東西約13kmとされています。)

画像


街の南東の丘阜がカプツィーナベルク(Kapuzinerberg)で、南西の丘がメンヒスベルク(Monechsberg)とよばれています。
メンヒスベルクには11世紀創建の街のシンボルとなっているホーエンザルツブルグ城があります。旧市街の南側を1.3キロメートルにわたって続く高さ約50メートルの高地をなしていて、一番高い所では標高508mに達します。

画像


ザルツァッハ川から120m上に聳えるホーエンザルツブルグ城からの眺めは特に素晴らしく、丘の麓の市街地側と南側※では、それぞれ全く違う美しい景観を私たちに見せてくれます。

ザルツブルグ盆地は東西南の三方を山に囲まれていて、3000m級の山々が連なっています。
中でもウィースバハホルンは3564mに達し、その圧倒的な存在感でザルツブルグの街を見つめています。


画像



※城の南側はブルクホーフ(城の中庭)とよばれており、遠くウンタースベルク山が見渡せます。
この景観はザルツブルブの絵葉書やカレンダーなどによく利用されていますね。

画像



街の語源となった塩(ドイツ語でザルツ:salz)はラテン語でサラリウム(Salarium※)といい、古代ローマでは兵士にサラリウムを給与として支払っていました。
現在のイタリア語で給料を表す単語はこのサラリウムが変化してサラーリオ(salario)と言いますが、これが更に転じて現在の給料を表す英語のサラリー(Salary)の語源となっています。

※もともと軍人や職に従事する市民1人分の塩の配給量を意味していましたが、やがて塩を買うための手当を意味するようになります。


塩は人の生存に必要で、且つ食料保存に欠かせないものでしたが、中世ヨーロッパでは産出量が少なく
大変貴重であったために、かつては塩は同量の金と等しい値打ちがあったとされ、別名『白い黄金』と呼ばれるほど、非常に高価なものとして扱われていました。

画像


ザルツブルブは紀元前の昔から岩塩の採掘と交易で栄えた街で、特に16世紀まで塩はザルツブルブの繁栄に大きく貢献してきました
(6000年の歴史があると伝えられています。)

が、16世紀というと時代は大航海時代の真っ只中で、急速に海上交通が発達したこともあり天日乾燥で生産された地中海の安価な塩が大量に流通するようになると、次第にザルツブルグの岩塩の価値は下がるようになります。

画像


【参考文献】
講談社+α文庫 『ヨーロッパの世界遺産④ -ドイツ・オーストリア・チェコ・ハンガリー・スイス』
(株)毎日コミュニケーションズ 『世界遺産ビジュアルハンドブックブック⑥ ドイツ(1)ロマンティック街道とその周辺(ドイツ南部)』
河出書房新社 『ドイツ名景の旅 -南ドイツの28古都とザルツブルグ』



《アートフォトフレーム》ゲトライデ通り(撮影地:ザルツブルク/オーストリア)〔世界遺産・富井義夫〕【tokyojunf】【tokyojunf2】
あゆわら?風景を購入できるお店?
【商品の説明】日本一世界遺産を巡った写真家、富井義夫のオリジナルプリントです。「風景専門店のあゆわら

楽天市場 by ウェブリブログ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年07月05日 21:45
結婚式にいいですか?・・・
ロマンチックな町なんですね・・。実際に行ってみたいです。
2009年07月06日 00:59
mikoさん

結婚式など一生の思い出にしたいイベントの舞台に相応しいと思いますよ♪

他に私が訪れた街ではドイツの『ヴュルツブルグ』『バンベルク』,オーストリアの『ウィーン』,フランスの『リヨン』『ストラスブール』,イタリアの『ヴェネチア』,カナダの『ケベックシティ』がロマンティックでオススメですね♪
日本だと『神戸』『青山』『軽井沢』でしょうか。
2009年07月06日 07:19
はじめまして。
素敵な旅気分を。
ありがとうございます。
なかなか、旅に出づらい今なので、
こういう写真を見るのが、
楽しいです。
ドイツは、私も好きな国の一つですよ。
私も、ドイツの古城で、
結婚式を挙げたいなって思ってました。

2009年07月08日 00:49
yuyuさん
フレンド登録ありがとうございます。

ドイツの古城良いですよね♪
私も好きです。

私はドイツかオーストリアかギリシャの小さな街での結婚式が理想です。

これからも写真を掲載していくので、また遊びに来てくださいね。

よかったら私のフォトライブラリーもどうぞよろしくです!
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_33474_1.html
2009年07月09日 14:29
初めてコメントさせてもらいます。
いっぱい海外へ行ってるんですね。
私はアジアしか行ったことがなく、ヨーロッパはまだなのです。ドイツやスイスは良い!と友達から聞いたことが。ドイツは住んでみたいとも言ってたなー。(笑)
結婚式は海外!と思ってるんですか?それも素敵ですねー。
でも、私は飛行機が苦手だから。長時間はつらいなー。
。。。o(゜^ ゜)ウーン
2009年07月09日 22:50
留加さん
コメントありがとうございます。

ドイツは日本と似ている(国民性や治安etc)ので、暮らしやすいと思いますよ。お友達の気持ち分かります。
私もあと食事さえ合うなら考えていたと思います。

スイスは・・・日本の生活に慣れている人はちょっとハードルが高そうですね。

『結婚式は海外!』という思いは全くありませんよ。偶々海外かもという感覚です。
2年ほど前からNYも京都も家の近所の公園も訪れる感覚に大差はなくなってしまいました。

飛行機は好きなことに集中するようにしていたら、大丈夫だと思いますよ。
私はいつも語学勉強や映画・バラエティ視聴や旅のプランニングetcをしていたらいつの間にかもう着いちゃったという感覚です。

思い切ってそのお友達のように良い体験をしてみてはどうですか?

この記事へのトラックバック