チロル(Tirol)地方 part3 牧場 『牡牛座物語』

画像


丑(うし)年(正確には己丑(つちのとうし))の今年ももう直ぐ終わりですね。うしと云えば私は去年の欧州ドライブで見たオーストリアはチロル地方の牧場風景がとても印象に残っています

画像


今年最後のブログはチロル地方の牧場の写真と共に、うしに因んだギリシャ神話牡牛座のお話を紹介したいと思います

画像


ギリシャ神話の中で多情な大神ゼウスがその姿を獣に変えてまでも恋焦がれた女性がいました。
それはフェニキアポイニクスとテレパッサの娘エウロパ王女』。
その美しさは他国でも評判でした

画像


エウロパはある日、水辺で友人と花摘みをして遊んでいました。

その近くで父のフェニキア王が大切にしている牛の群れがのんびりと草を食んでいたので、エウロパが目を向けると群れの中に純白の美しい毛皮をした牡牛が1頭いることに気付きます

画像


エウロパがその見たこともないような美しい牡牛に触れてみようと近づくと、その牡牛は優しい眼を持ち更に堂々と見え神々しささえ感じました

そして、エウロパは慈しむようにその体に愛撫を繰り返すと、その牡牛はゆっくりとエウロパの前に跪(ひざまず)くのでした

エウロパは嬉しさのあまり、その牡牛の背中に上がり太く大きな角に持っていた花輪をかけます。

そこで友人がエウロパに「そろそろ帰りましょう」と問いかけ、エウロパが「ちょっと待ってて」と返事を返した次の瞬間、その牡牛が突然立ち上がりエウロパを背中に乗せたまま、なんと沖に向かって海中へと飛び込んでしまったのでした

画像


突然の出来事にエウロパは驚き泣き叫びながら牛の背中に必死でしがみつきました。

地中海を渡ってやがて牡牛が陸から上がると、エウロパはなんとヨーロッパのクレタ島の南岸に着いていました

そしてその島に着くと、ここまで運んできた牡牛は次第にその姿を変えて、なんと大神ゼウスが目の前に現れたのです

【補足】
大神ゼウスは天空から花摘みしていたエウロパに一目惚れしてしまい連れ去ることを画策していたのでした

2人はやがてクレタ島(ゼウスが育った島)で結ばれました

その後、エウロパとの間に3人の息子(ミーノースラダマンテュスサルペードーン)をもうけますが、ゼウスの妻ヘーラーに気付かれたため、ゼウスとは結婚せずクレタ島の王アスティリオンと結婚します。

【補足】
エウロパは後にミノス王としてクレタ島を支配することになり、アスティリオンは息子3人の良き義理の父となっています。

画像


一方ゼウスはエウロパに「タロス」「ラエラプス:必ず獲物を捕らえることのできる足の速い猟犬」「無くならない投げ槍」を与えた後、再び牡牛へと姿を変えて、天を翔け島を後にしました。

そのときのゼウスの牡牛の姿が星となりそれが牡牛座となったのでした

画像


【補足】
牡牛座の右目にあたるオレンジの星は1等星「アルデバランで、付近のV字形に並ぶ星と共にヒアデス星団と呼ばれます。牡牛座の背の部分には、清少納言の枕草子にも出てくるプレアデス星団(すばる)があります。

また、右の角先にある「蟹星雲」(1054年に起きた爆発した超新星の名残)からは光や電波、X線などの規則正しいパルス波が放たれ「蟹パルサー」(1968年にウォルター・バーデ(1893-1960)を中心に発見)と呼ばれています
(蟹星雲は1731年にジョン・ベビス(1693-1771)が発見して以来、1758年にシャルル・メシエ(1730-1817)が再発見しています。)

かつて天文学者らはこれを宇宙人からの信号ではないかと疑い、混乱を恐れて存在を隠しました

その後、同様のパルスが他にも存在することが分かり、1969年に公表されました

画像


画像


【雑学】
この牡牛座物語のヒロイン「エウロパ」姫はアルファベットでEUROPA、古代ギリシャで当初アジアやアフリカを表していたエウロパは、その後アジア大陸全体を指すようになり、やがて元々神々しかいなかった土地にゼウスに連れ去られたとはいえ初めて人間が足を踏み入れたことから現在のヨーロッパ大陸を表すようになりました

また木星の衛星にもエウロパ(衛星)という星がありますが、これもこのギリシャ神話のエウロパ姫が由来となっています

画像


【参考文献】
廣済堂あかつき株式会社 『よくわかる「星座の神々・英雄」大辞典』

画像


画像


アルプスの風景を壁紙にしてみませんか?
オーストリアの山脈
アルプバッファ近隣の風景①
アルプバッファ近隣の風景②
アルプバッファの風景①
アルプバッファの風景②
アルプバッファの風景③
アルプバッファの風景④



↓牡牛座物語を肌で感じれる1枚♪
牛柄をまとった女の子エウロパと花柄の牛の姿に身を変えたゼウス★牡牛座ガール Uネック ロングスリーブ【baster great(バスターグレード)】×【bambi】
Tシャツ屋さん バンビ
12星座シリーズ第7弾 『牡牛座ガール Uネック ロングスリーブ』『牛柄をまとった女の子エウロパと花

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

タヌ子
2009年12月30日 21:54
ティロル地方は年中雪をいただいた山と緑が美しいですね。
いつも通過するだけで終わってしまいますが、1か月ぐらいのんびりと過ごしてみたいです。
エウロパからヨーロッパと言う言葉が生れたのですよね。
現代ギリシャ語でもヨーロッパはエウロパ。
確かギリシャのユーロコインにはエウロパの姿が描かれていたと思います。
それにしても、ギリシャ神話の神々は品行方正からは程遠い方々ばかりですね(笑)
2009年12月31日 21:15
お久しぶりです!
お元気ですか??
今年も後もう少しでおわりますね~
ありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願いしますっ
では、よいおとしを・・・
2010年01月01日 11:07
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
2010年01月02日 10:08
新春をお喜び申し上げます。

穏やかなお正月をお迎えのことと思います。

昨年はつたないブログにおいで頂きありがとうございました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

輝かしい新年が素晴らしい年でありますようお祈り致します。

Garyo
2010年01月02日 21:23
明けましておめでとうございます!
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
本年もよろしくお願い致します!
2010年01月04日 13:42
明けましておめでとうございます。
今年も話題いっぱいのブログ楽しみにしています。よろしくお願いします。
2010年01月04日 20:18
おうし座なので興味深く拝見いたしました。
いろんなことが勉強できて、為になります
しかし、一つひとつが気合の入った記事ですねぇ、すごい。
2010年01月05日 01:40
少し遅くなりましたが、
明けまして、おめでとう!~☆
いつも気持ち玉、ありがとうございます。
今年もどうぞ、よろしく!です。(笑)
(*^_^*)
星座に関するお話は恋愛モノが多いのかな?ゼウスも堂々と?不倫してたんですね。(笑)
エウロパの名前からヨーロッパになったのかー。色々と言い伝えがあるんですね。
('-'*)エヘ
ringlake
2010年01月05日 21:23
明けましておめでとうございます・・・!

久し振りに遊びに来ました☆

いろんな恋愛の形があると思いますが、

嫉妬はイヤですね^^

爽やかな恋愛がいいです。


2010年01月06日 13:49
あけましておめでとうございます。
現在はオーストリアにいるのですか?ルパンが出てきてビックリしました。ナイスアクション!
昨年中は色々とお世話になりました。ありがとうございます。今年もしろとぐんを中心にブログを更新していきたいと思っていますので宜しくお願いします。
2010年01月12日 01:04
タヌ子さん
こんにちは。

そうです。
€コインにはエウロパが描かれていますね。
それだけギリシャ神話の中でも印象深い話なのでしょう。

またおっしゃる通り神々の品行は・・・
日本の神話とは比較にならないですね。。。
2010年01月12日 01:05
ぁんさん
こんにちは。

こちらこそ。
今年もよろしくお願いしますね。
2010年01月12日 01:06
なくんさん
明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いしますね。
2010年01月12日 01:07
羅輝さん
こんにちは。

こちらこそ。
今年もどうぞよろしくお願いしますね。
2010年01月12日 01:08
Garyoさん
こんにちは。

いつも閲覧ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いしますね。
2010年01月12日 01:09
せあひマムさん
こんにちは。

ありがとうございます。
これからも遊びに来てくださいね。
2010年01月12日 01:10
GAKUさん
こんにちは。

拙いブログですが、褒めていただき恐縮です。これからも頑張りたいと思います。
2010年01月12日 01:12
留加さん
こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。
ここまで堂々と色々な不倫をするゼウスってある意味凄いですよね。

全知全能の神たる所以でしょうか。
2010年01月12日 01:14
ringlakeさん
こんにちは。

お久しぶりです。
これからも爽やかな恋愛を楽しんで下さいね♪
2010年01月12日 01:20
dragon pearlさん
こんにちは。

お久しぶりです。
思いっきりいまは日本を満喫してますよ♪

よく人から誤解されますが、最近の散歩とブログの記事はあまりリンクしていません。

時期をみてネタを放出しているので、しょっちゅう散歩している割にブログに書ききれないことが殆どです。

オフ会などでお会いできれば、色々と話せるのですが・・・
2010年01月13日 03:20
ものすごーくご挨拶遅れましたが…
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします♪

いつもいつも興味深い記事楽しく拝見させて頂いております

今年もゆうじさんの記事楽しみにしてますね~
2010年02月04日 20:58
ぷーにゃんさん
こんにちは。

こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いしますね。
beetle
2011年08月16日 08:51
ギリシャ神話で有名なあのデウスの神が女性にはゆるキャラだったとは知りませんでした。
神は良いですね空を飛びながら良い女を見つけると自分の物に出来るとは?
でも流石ギリシャでも妻には勝てないみたいですね~!
2011年08月18日 21:08
beetleさん
いつもありがとうございます。

全知全能の神が意外でしょ?
しかも自由気ままだし。。。。

でも正妻のヘラが曲者で、彼女の嫉妬が激し過ぎるから色々と他に目を向けてしまう。

束縛からの必然とも取れますし、最低の男とも取れます。

本当に人間臭いギリシャ神話です。

この記事へのトラックバック

  • 東京都中野区 part1 獅子寺(保善寺) 『獅子座物語』

    Excerpt: 紀元前700年頃にヌマ王(ヌマ・ポンピリウス)がローマ暦を定め直して1年を12ヶ月としてから、太陽暦であるグレゴリオ暦の十二宮をトロピカル方式でいうと今の次期は獅子座(7/23~8/22)にあ.. Weblog: 素敵な街+α racked: 2011-08-19 21:17