東京都中央区 part3 日本橋室町 『初めて日本を訪れたイギリス人』

画像


何かと話題になっている東京の新名所『COREDO(コレド)日本橋』。その近くにはかつて徳川家康から重用されたイギリス人の屋敷がありました。

画像


日本に最初に来たイギリス人はウィリアム・アダムス(1564~1620)と云われています。

画像



豊臣秀吉亡き後、関ヶ原の合戦が勃発する1600(慶長5)年春に、オランダリーフデ号航海長として乗り込んでいましたが、不幸にも嵐に遭遇し豊後国臼杵近くの佐志生(さしゅう)の海岸に漂着しました。

【補足】
この漂着事故のとき乗組員は24名いましたが、その内歩けるものは僅か5,6名だったと云われています。
ウィリアム・アダムスの無事が奇跡的であったことを物語るエピソードです。

↓徳川家康とウィリアム・アダムスの事が良く分かります。
家康とウィリアム・アダムス
恒文社
立石 優

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家康とウィリアム・アダムス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


その後同じ年の秋に天下を手中に治めた徳川家康は、大坂城にウィリアム・アダムスを船長代理として召喚します。
この頃、日本にはポルトガル人スペイン人が来航していましたが、両国はカトリック国であったため、貿易と布教を切り離しませんでした。
そこで、ウィリアム・アダムスは徳川家康に対して自国イギリスやオランダはプロテスタントの新教国で布教は行わず貿易だけ望んでいること、またそのカトリック国とは敵対関係にあることを説きます。

この申し出に徳川家康はオランダ人ヤン・ヨーステン(1556頃~1623年)らと共に優遇することを決意したのでした。

【補足】
ウィリアム・アダムスと共に徳川家康に重用されたヤン・ヨーステンは、ウィリアム・アダムスの意見で計画されたアジア航海を実際に行う等の役目を果たし、日本の貿易に貢献しています。
そして、その名は現在東京駅東側一帯を表す八重洲(やえす)の語源となり、現代に名を残しています。

画像


その後、江戸幕府を開いた徳川家康はウィリアム・アダムスを側近に迎え入れます。
やがて、江戸の日本橋近く(現中央区日本橋室町1丁目)に屋敷を与えられ、日本名『三浦按針(みうらあんじん)』を名乗りました。(以下三浦按針で統一)
そして、相模の三浦郡逸見に220石とも250石ともいわれる領地を拝領することになります。

三浦按針は好奇心旺盛な徳川家康の求めに応じて、天文学幾何学、数学等の西洋知識を伝えてます。
徳川家康が星の動きや現象について尋ねると、直ちに的確な説明をするといった具合でした。
また外交顧問としてオランダやスペインと交易したり、そして伊東での英国船建造等に貢献しています。

画像


画像


画像


【補足】
三浦按針屋敷のあった場所は現在は日本橋室町と言いますが、昭和初期(1932年)まで三浦按針の名をとって『按針町』と呼ばれていました。
現在は屋敷が面していた通りの名前『按針通り』にその名を留めています。
また、三浦按針の名は『三浦の按針』、即ち『水先案内人』という意味が込められています。

画像


画像


画像


三浦按針が徳川家康から信頼を得ていた事は、思惑通りイギリスやオランダに有利に働きました。
両国のみ通商の許可を得て、肥前平戸に商館を開設しています。

【補足】
このとき、始め家康は商館の場所を浦賀にと考えていました。
しかし、平戸藩松浦氏がオランダ側に賄賂を贈り、その見返りにオランダは平戸に商館を置くことを譲らなかったと云われています。

画像


その三浦按針に帰国の機会が訪れます。
オランダ船へ渡したイギリスの東インド会社に宛ての手紙が祖国に届き、1613(慶長18)年に当時イギリス国王だったジェームズ一世の親書を携えた東インド会社の船団が、平戸へ到着したのです。

三浦按針はイギリス船の来訪を大いに喜び、徳川家康に帰国の許可を願い出ます。
そして徳川家康がその申し出を承諾するのですが、ここで三浦按針は自ら日本に残ることを選択します。

【補足】
この時三浦按針は帰国の申し出をしてからもう一度今後のことを考え、帰国すれば只の船員だが日本にいれば徳川家康という権力者から重用されているVIPであること、そして既に日本人女性と結婚し二人の子供までもうけたこと等から日本に永住することが得策と考えを改めたと考えられています。
因みに三浦按針は日本に漂着する前に本国イギリスにも夫人と二人の子供を残していました。

画像


しかし、その思惑は奇しくも外れることになります。
家康の希望通りに浦賀に国際港を開設できないことに愛想を尽かされ、更に永住を決意してせっかくの申し出を不意にした直後に家康が死去してしまったのです。
家康の死後、既に徳川2代将軍として権力を握っていた徳川秀忠は父徳川家康に重用されていた三浦按針を快く思わず、貿易特許状に大幅な制限を加える等して冷遇しました。
更に同じく按針を快く思っていなかったイギリス使節団司令官の求めに応じて平戸の東インド会社の商館員としてしまったのです。

画像


その後、三浦按針は貿易のために現在のタイ王国であるシャムや旧ヴェトナム北部である安南(アンナン)に渡航等しましたが、家康の死から4年後の1620(元和6)年に失意の内に平戸で病死してしまうことになるのでした。享年56歳。

【補足】
平戸にある三浦按針の記念館に残されている遺書には、財産の半分を本国イギリスに残している妻子に、もう半分を日本の妻子に贈る様記載されています。

画像


画像


画像


-----------------------------------------------------
三浦按針遺跡

住所:東京都中央区日本橋室町1-10-9
見学:自由
交通:東京メトロ銀座線・半蔵門線『三越前』下車徒歩3分
-----------------------------------------------------





画像


-----------------------------------------------------
按針メモリアルパーク

住所:〒414-0023 静岡県伊東市渚町6
見学:自由
電話:0557-36-0111(伊東市役所)
FAX :0557-38-2867(伊東市観光課)
交通:JR伊東駅から徒歩約15分
国道135号沿いの市営なぎさ観光駐車場より徒歩約5分
-----------------------------------------------------

画像


画像


画像


画像






【参考文献】
『「歴史」の意外な結末』日本博学倶楽部(PHP文庫)
『知られざる日本史 あの人の「幕引き」』歴史の謎研究会(株式会社青春出版社)

画像


按針と家康
楽天ブックス
商品副データ将軍に仕えたあるイギリス人の生涯クラウス・モンク・プロム/下宮忠雄出帆新社この著者の新着

楽天市場 by 按針と家康 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

よんちゃま!
2010年11月08日 09:26
三浦按針の 子供さは・・・・というか 「子孫」は 日本にいるのだろうか・・・?
2010年11月08日 12:52
よんちゃま!さん
こんにちは。

いつも訪問ありがとうございます。

プライバシー保護のため詳しくは書きませんが、三浦按針の子孫の方は現在も日本にいらっしゃる様です。

また今回の話とは別ですが、フランシスコ・ザビエルの子孫の方も日本にいらっしゃる事を考えると、歴史の奥深さを感じざるを得ません。
2010年11月10日 17:14
面白く読ませて。戴きました。
よんちゃまさんと同じ疑問を持ちましたが、みうら姓の方、私の周りにも何人かおります。その流れをなどと考えてみました。
2010年11月12日 12:46
S子さん
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

藤原姓や渡辺姓等ルーツ紐解くと面白い発見がある苗字は日本には沢山ありますね。
由来などの話を書くのは好きなので、機会を見つけて色々と紹介していきたいと思います。

周りの三浦姓の方はもしかすると関係があるのかもしれませんね。
ターコ
2010年11月13日 15:24
そうですか、子孫がまだ日本に・・なにっフランシスコ・ザビエルのご子孫も日本にいらっしゃるのですか~(@∇@)おおっ!

・・あのザビエル似のおじさま・・あの方がそうかも。。(-"-)アタマソックリナンダヨネ
2010年11月14日 22:18
ターコさん
こんにちは。

日本いらっしゃるフランシスコ・ザビエルの子孫の方は山口のザビエル記念聖堂で牧師をされています。

偶にTV出演されるため、ご存知の方も多いと思いますよ。

因みにこの方の尽力により、現在日本でキリスト教徒以外の方でも教会で式をあげる事が可能となりました。

感謝ですね♪
2010年12月06日 08:01
モニュメントがいい感じです。
散歩で歩くだけで癒されそうです。
2010年12月14日 02:16
GAKUさん
こんにちは。

伊東はこれまで散歩した温泉町の中でも非常に印象の良かった町です。
是非機会がありましたら歩いてみて下さいね。
秋桜
2011年06月22日 11:06
こんにちは。

父方の祖母が三浦姓で、その祖父だか曽祖父だかが、交通の便の悪い時代に毎年、「じいさんの墓参り」と称して、鹿児島から三浦半島まで三浦按針の墓参りに行っていたと聞いています。

本当に、私たち一家は三浦按針と関係があるのか、あるいは、三浦按針と一緒にやってきた船員のだれかの子孫?

興味があり、除籍簿までより寄せましたがわかりませんでした。

ちなみに、祖母の実家(三浦)は、その地域(郡)で一番の金持と言われた地主でした。
2011年08月08日 20:20
秋桜さん
こんにちは。

私の拙い記事を読んで頂きましてありがとうございました。

秋桜さんが三浦按針と繋がりがあるか審議の程は分かりませんが、可能性はありますね。

例えばDNA鑑定など、今後何かのきっかけで分かられると良いですね。
秋桜
2011年10月06日 10:44
ゆうじさん
お返事ありがとうございました。

三浦按針と繋がりがあるかも、と思っているせいか、この記事にありました文章や写真、とっても興味深く、また、不思議な懐かしささえ感じながら読ませていただきました。

いつかぜひ、この写真の地を巡りたいと思います。
2011年10月06日 20:27
秋桜さん
コメントありがとうございます。

拙い文章でしたが、私の記事がルーツを考える切欠とさせて頂けた事を光栄に思います。

三浦按針の史跡は日本では大きく分けて東京、伊東、横須賀、平戸にございます。

是非機会があれば訪れてみて下さいね。

また実際にお会いしてお話をさせて頂きたい気持ちもありますが、もし気が向かれましたらご連絡頂けますと幸いです。
秋桜
2011年12月13日 11:00
ゆうじさん こんにちは。
お返事ありがとうございました。

URLも拝見させていただきました。
このページには「三浦按針」で検索してやってきたので、その幅広い記事の数々に驚きました。
いろいろ調べていらっしゃるんですね。

東京、伊藤、横須賀、平戸・・・。ぜひ行きたいです。
とりあえずは一番近い平戸でしょうか。

私もゆうじさんのお話に興味があります。
どちらにご連絡差し上げればよろしいでしょうか?
2011年12月31日 10:35
秋桜さん
こんにちは。

Blog内の「メッセージを送る」というボタンから個別にメール送信できますので、もし宜しかったら先ずはそちらからご連絡下さい。

では。お待ちしております。

この記事へのトラックバック