北京(Beijing) part1 『凸型の理由』

画像

経済成長著しい中国の首都『北京』。この街の中心部は戦後の中華人民共和国成立までは、映画『ラストエンペラー』の舞台でも有名な『紫禁城(故宮)』を中心とした『凸型』という珍しい形を形成した城壁で囲まれていました。

画像


この城壁はこの地が12世紀半ばに建国された『金(王朝)』の首都になってから四角い形で建設が始まっています。
その後『元(王朝)』の首都『大都』として機能していましたが、15世紀初頭に『朱元璋』がこれを陥落させ1368年に『明王朝』を成立させます。

この時朱元璋は『南京』を首都とし遷都しています。

画像


画像


しかし『朱元璋』の甥にあたる『恵帝』が帝位を継ぐと、『朱元璋』第4子の『永楽帝』がこれを破り『南京』を占領して帝位につきます。

『永楽帝』は当時『北平』と呼ばれていた都を『北京』と改名し、更に元々あった宮殿を徹底的に破壊し『紫禁城』を造営して、1402年に再度遷都します。

この遷都の際に城壁は大規模に改築されましたが、形としては当初の四角のままでした。

画像


【補足】
周知の通り『北京』は今や中国の政治・文化等あらゆる中心地ですが、元々『春秋時代』は『』の国都で『時代』には『陪都』と呼ばれていました。

そしてその後は『金』『元』『明』『』のそれぞれ都となります。

しかし『辛亥革命』の翌年にあたる1912年元日に『中華民国』が成立すると、第一代大総統に『孫文』が就任、その後第二代総統に『袁世凱』が就任するとこの時『南京』にあった臨時政府が『北京』に移されます。

更に、1928年には再び『南京』に遷都されこの時『北京』は明王朝時の『北平』に改名されることになります。

ところが、1937年に『北平』が日本軍によって占領されると『北京』に戻されます。

1945年に日本が大東亜戦争に敗北すると『北京』は再び『北平』となりますが、後の1949年に中華人民共和国が成立すると。終に名称は現在の『北京』に落ち着きました。

画像


画像


またこの明の時代にはそれまでの城壁南側に新たに城壁が増築されることになりました。
この時加えられた部分は以前の城壁とは区別して『外城』と呼ばれ、その結果2つの四角を重ね合わせた『凸型』の街となったのです。

画像


画像


現在中心部に残っている『正陽門』は『北京』が『凸型』の街となる前の市街最南端で、この『正陽門』の脇には『明時代』の半ばまで高く厚い城壁が聳え立っていましたが、現在ではそれぞれ前門西大街と前門東大街という大通りとなっています。

画像


そして、嘗ての城壁跡地は今では広い環状道路と変貌し、地下には鉄道が走る道となりました。

画像


画像


【雑学】
『北京』の名称については二転三転するという複雑な歴史があるため、現在でも『北京』という名称を認めない立場も根強く存在します。
その最もたる例として台湾の地図では、未だに『北京』は『北平』と表記されているのです。

画像


-----------------------------------------------
正陽門(前門)
住所:北京市東城区前門外大街北端
交通:地下鉄2号線「前門」駅下車徒歩約1分
電話:(010)65229384
時間:08:30~16:00(冬季9:00~16:00)
休日:無休
料金:20元
-----------------------------------------------





画像


【参考文献】
『地名でわかるおもしろ世界史』歴史の謎研究会(株式会社青春出版社)
『世界で一番おもしろい地図帳』おもしろ地理学会(株式会社青春出版社)

画像


↓北京の城壁と風俗についてもっと知りたい方はこちらの文献が参考になります。
北京風俗大全?城壁と胡同の市民生活誌
平凡社
羅 信耀

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北京風俗大全?城壁と胡同の市民生活誌 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

よんちゃま!
2011年01月24日 08:46
写真に 人が 少ないのは・・・「朝早いから」?「中国が広大だから」?
2011年01月24日 17:46
よんちゃま!さん
こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。

写真は成るべく人の少ない時間帯での撮影も考慮していますが、如何せん中国はいつも人だらけです。

なので旅慣れたせいか、人がいても成るべく入り込まないよう上手く撮影する技術が自然に身についているからですよ。

この天安門広場付近もいつも人だらけですからね。
2011年01月31日 16:47
ゆうじさんはじめましてm(_ _)m この度はフレンド登録が遅くなり大変失礼いたしました(>_<)
こんな私ですが、またブログに遊びに来ていただけると幸いです。

ゆうじさん…私アンポンなので読めない漢字がたくさん……(゜∇゜)

日本から出たことがない私ですが、ゆうじさんの写真でもそう見えますがニュースでも、北京の空がいつも曇っている(?)のは何故でしょうか?
黄砂が年中無休なのでしょうか…?

アンポンでごめんなさい(T_T)

2011年01月31日 21:52
かよちゃん☆彡さん
こんにちは。

フレンド登録ありがとうございました。

北京の空は黄砂の影響も月に因ってはありますが、殆どの要因は大気汚染による光化学スモッグの影響で早朝でも空気が澄んでいません。

私も訪れた時にここまで酷いものかと驚いてしまいました。

美しい景色を見たい場合は雨上がりを狙うのがコツです。
2011年02月01日 16:23
レスありがとうございます。
光化学スモッグなんですか(@_@)
私の住む地域も海にコンビナートが並ぶので、夏は外出など注意しています…

日本企業の中国進出が原因の1つでしょうから…心が痛みますね……

2011年02月01日 17:19
こんばんは ゆうじさん
中国へはまだ足を踏み入れたことがないので、城壁の形が新鮮に映りました。

ところで、長友がインテルに移籍だそうです!頑張ってもらいたいですね~。
2011年02月02日 01:22
かよちゃん☆彡 さん
こんにちは。

日本企業の進出も影響がないとは言えませんが、根本の問題は中国内部です。

例えば今問題となっているレアメタル(レアアース)についても、抽出の際に出る非常に有害な物質の処理をコストを削減する為にワザと行わず自然に放出して、悪質な環境汚染の温床となっています。

諸外国は有益な資源が激安で手に入る為、環境問題には触れられず、非常に酷い悪循環となっています。

見習うべき点の多い中国ですが、改善点もまた多いのが現実です。
2011年02月02日 01:29
naturaさん
こんにちは。

私は10年来イタリアのインテルファン(インテリスタ)です。
長友さんの今回の電撃移籍は本当に驚きました。
私はてっきりユベントスかバルセロナかマンテェスターユナイテッドのどちらかに行かれると思っていたので・・・

我インテル(笑)への活躍本当に楽しみです。
またサンシーロでインテル観戦にでも行こうかしら♪
2011年02月18日 16:35
初めて遊びに来ました。
懐かしい感じのする北京の写真ですね
きっと、人があまり写っていないためですね
昔は、長閑というか、天安門付近に一般人はウロチョロしなかった--用事も無ければ、行くことも無いという清朝末期の話を思い出しました。
2011年02月19日 00:17
夢見るセブンさん
こんにちは。

意図的に人を入れる場合もありますが、多くの場合は目立たない様に工夫しています。

実際今回の北京での撮影時も人だらけでした。

写しこまない事で懐かしさを感じて頂いて嬉しいです♪

この記事へのトラックバック