世界遺産 ケベック・シティ(Quebec City) part1 『カナダの由来』

画像


カナダ公用語には英語の他にフランス語があります。それはカナダがイギリス植民地になる前にフランスの植民地であった過去が関係しています。今回はカナダのフランス文化圏ケベック州の州都ケベック・シティに残る要塞跡の写真と共にカナダの国名の由来を紹介します。

画像


フランスとカナダの繋がりを感じれます♪


14世紀前半、現在のカナダはフランス政府の開拓したきっかけにフランスからの入植者が増え、16世紀の大航海時代になると、フランス政府は探検隊を新大陸に派遣させ1525年には現在のカナダ東部を探索させる事になりました。

このときフランス政府はこの東部の地を『ニューフランス(新フランス植民地)』と命名します。

画像


当時フランス政府は小兵をもって城を陥落させるという効率の良い領土獲得政策を取っていました。

そして未だ他国の勢力が及んでいない大陸内部へセントローレンス川を経由し、1万人に満たない猟師や宣教師そして守備隊を投入していたのです。

画像


その戦略は、先ず猟師が狩猟しながら森林を切り開き奥地へ進んでいきます。そして次に河川交通の要所に砦を築きそこの守備隊を配備するというものでした。

【補足】
当時の毛皮は非常に高価でそこから得られる交易の利益は命を賭けるに値する価値でした。

画像


その後、その土地には宣教師が送り込まれ、彼らは先住民インディオキリスト教に改宗させました。
こうして広大な土地がフランスの植民地となったのです。

画像


やがてこの『ニューフランス』の中でもセントローレンス川流域に移住した人らがその地域を『カナダ』という俗称で呼び始める事になります。

画像


この由来には大きく分けて2つの有力な説があります。

1つ目は、セントローレンス川を遡ったフランス人が集落を見つけ、そこに住んでいた先住民に「ここはどこですか?」と尋ねると、その先住民はイロコイ語で『村』と言う意味の『カナタ』と答えました。
これを聞いたフランス人が地域名と勘違いしこの地を『カナタ』と呼ぶようになったというものです。

画像


2つ目は、この地に黄金を求めて来たスペイン人探検家が一面の雪景色を目の当たりにして、『何もない』と言う意味の『アカ・ナタ』と言ったことがきっかけというものです。

この『カナタ』又は『アカ・ナタ』が変化して、現在の『カナダ』という地名が生まれたと云われています。

画像


やがて18世紀になると現地に住んでいたフランス人入植者の子孫らと本国から派遣されてきた役人(菅史)や軍人との間に考え方や習慣の違いが出始めます。

画像


植民地の子孫らは古いフランスの習慣や土地制度に強いこだわりを持ち固守して生活しているのに対して、本国の習慣や制度は新しくなっていくという具合でした。

画像


そうした本国との変化についていけなくなった人らは、フランス人と呼ばれる事を好まず次第に自分らは『カナダン(カナダ人)』と自称し、その植民地の土地も『カナダ』と呼んでいきました。

画像


その後、北アメリカ大陸のフランス植民地が、英仏戦争でフランスがイギリスに敗れると、この地はイギリスに譲渡されます。
そして1763年に植民地全体を『カナダ』と称するようになったのです。

画像


やがてこの地はイギリスの自治領として独立し、1849年に『カナダ』を正式名称としています。

画像


--------------------------------------------------------
シタデル・ケベック要塞(La Citadelle)

住所: 1 Cote de la Citadelle Quebec G1R 4V7 Canada
電話: +1-418-694-2815
FAX: +1-418-694-2853
HP: http://www.lacitadelle.qc.ca

営業時間(要塞内部)
4/1-4/30 10:00-16:00
5/1-6/30 9:00-17:00
7/1-9/第1週の週末まで 9:00-18:00
9/第2週-9/30 09:00-16:00
10月 10:00-15:00
※11月-4月は団体予約のみ

料金
大人:CAD10.00
シニア・学生:CAD9.00
17才以下:CAD5.50
※7才以下の子供は大人同伴であれば無料
--------------------------------------------------------

画像






【参考文献】
『世界で一番きになる地図帳』おもしろ地理学会(株式会社プライム湧光)
『世界で一番おもしろい地名の謎』歴史の謎研究会(株式会社プライム湧光)

画像


カナダへの留学を考えている方の心強い味方です。




ヘタリア キャラクターCD Vol.5 フランス
メディアファクトリー
フランス(小野坂昌也)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘタリア キャラクターCD Vol.5 フランス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




修道女が見聞した17世紀のカナダ—ヌーヴェル・フランスからの手紙
東信堂
竹中 豊

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 修道女が見聞した17世紀のカナダ—ヌーヴェル・フランスからの手紙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





インフィニシス Talk Now! はじめてのカナダフランス語 6614
オンラインショッパーズ
※こちらの商品はお取り寄せ商品です。メーカー在庫がある場合3日〜1週間程度でお届けいたしますが、メー

楽天市場 by インフィニシス Talk Now! はじめてのカナダフランス語 6614 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

みしぇる
2011年03月16日 06:52
ケベックのフランス語は基はパリジアンが話していたものだそうです.

全然フランスのフランス語と違うんですけれどね,,,,

2011年03月16日 12:36
カナダの語源、何もないがぴったりと言う感じがします。
私が行ったのは、ナイヤガラ周辺のごく一部ですが、アメリカから帰る飛行機で見たカナダの印象です。ツンドラ地帯が広がっていました。
当時のそれも冬であれば、一面の雪と思いますので頷けます。
ケベック、素敵な街ですね。もう少し若かったら飛んで行きたいと思いました。10年以上になるでしょうか?姪が語学留学(英語)していました。
ターコ
2011年03月16日 21:58
カナダ、いいですね♪ 確か、住みやすい地域の中にカナダの市が入っていたと思いますが、見るからに自然が豊かで 環境が良さそうですね~。
いつか行ってみたいものです(^_^)
2011年03月16日 22:35
S子さん
こんにちは。

いつもありがとうございます。

確かに語学留学地としては治安も良いし、沢山の文化を学べるし、世界遺産の街並みが美しいしとうってつけの場所だと思いますね。

姪っ子さんだけでなく、良かったら自分の目で見てこられることをお薦めしますよ。
私も印象はとても良い街でしたから。
2011年03月16日 22:39
ターコさん
こんにちは。

日本人が一番馴染みがあって行きやすいのは西岸のバンクーバーやビクトリアといった街でしょうが、私はモントリオールとケベック・シティを要するケベック州を断然お薦めしますね。

近くにオタワもあるし、紅葉の時期はメイプル街道が美しいです。

是非機会がありましたら訪れてみて下さいね。
beetle
2011年03月19日 08:19
オッハー 
いつもながら丁寧な解説、綺麗な写真(整理が大変ですね?)恐れ入ります。
楽しくよまさせて頂きました、特に写真でアーチ窓からの写真が印象的でした。
また遊びに来ます、バイチャ・・・!
PS.カナダはナイアガラへ行った時少しの時間いましたよ!
2011年03月19日 14:41
beetleさん
訪問ありがとうございます。

写真褒めて頂き恐縮です。励みになります。

ナイアガラは私も行きました。そのスケールに圧倒されますよね。
今年中には紹介できればと思います。

それでは。
2011年03月19日 14:44
みしぇるさん
初めまして。コメントありがとうございます。

ケベック州では標識等は殆どフランス語ですが、話し言葉では英語もワケ隔てなく使われていましたね。

私はフランス語は殆ど分からないので、
「Je ne complan pas francais. Pardon, en anglais S'il vous plait」と言って何とか英語だけでやり過していました。

なので、ケベックのフランス語と本国の違いなんか皆目見当がつきません。。。お恥ずかしい。
よんちゃま!
2011年03月23日 20:26
カナダって いい所ですよね。
ちなみに・・・私は「カナダ」というと・・・ほとんど「F1」でしか 見る事が無いような・・・・?(TVで)
2011年03月24日 23:41
よんちゃま!さん
いつもありがとうございます。

F1好きなんですね。
私はちょっとその方面は疎いのですが、カナダを再認識して頂いて嬉しいです。

これをきっかけにカナダの別の魅力も感じて下さいね。

この記事へのトラックバック