佐賀県佐賀市 part1 佐野記念公園 『日本海軍の基礎』

画像


日本を海から守る『海上自衛隊』や『海上保安庁』。近年は尖閣諸島問題竹島問題他日本の領海が侵されるニュースが度々話題になりますが、これらの日本の海を守る大元となった日本海軍の始まりは何処かご存知でしょうか。幕末の英雄『坂本龍馬』『勝海舟』が率いた『神戸海軍操練所』?いいえ、日本海軍は佐賀の『三重津海軍所』から始まっています。今回は知られざる日本海軍の基礎をご紹介します。

画像


安政2(1855)年、江戸幕府は長崎へ『長崎海軍伝習所』を開設します。これを受けて、隣国佐賀藩はそこへ多数の伝習生を派遣しました。

画像


そして安政5(1858)年から伝習の一環として洋式帆船『晨風丸(しんぷうまる)』を長崎で製造する等の実施訓練行い、ここでオランダ人から海軍に関する学科,科学知識,技術を学んでいきます。

画像


同年佐賀藩は藩内6箇所にあった和船を管理する『御船屋(おふなや)』の内三重津のものを佐野常民らの尽力により拡張して、海軍伝習所とし『御船手稽古所』の設置を決定しました。

これにより長崎でオランダ人より伝習した事を佐賀藩内でも稽古できることになります。

画像


画像


「日本海軍の基礎」と云われる『佐賀藩海軍』の誕生です。

画像


翌安政6(1859)年には『長崎海軍伝習所』の撤収に伴い、船屋の西一角を『海軍稽古場』として拡張し、そこで航海,造船,砲術等の学科,技術の教育を佐賀藩士に行います。

画像


その後海軍寮,調練場,船渠(せんきょ:ドック),製作場等を増設して三重津海軍所は軍港として次第に整備されていきました。

画像


画像


【補足】
三重津海軍所には、海軍取調方出張所に続いて『稽古人詰所』『調練場』等も設置されています。

画像


そして三重津は蒸気船電流丸』『甲子丸』、また帆船『晨風丸』等佐賀藩艦船13隻の主要繋留地(けいりゅうち)に定められ、オランダとイギリスから購入した軍艦が偉容を誇るという当時日本一の軍港としての体裁が整えられていったのです。

画像


【補足】
・電流丸(でんりゅうまる):1858年オランダから購入の木造スクリュー蒸気船,100馬力,全長45.7m 船幅7.9m,排水量800t
・甲子丸(かっしまる):1864年イギリスから購入の鉄製スクリュー蒸気船,140馬力,全長64.5m 船幅8.2m,排水量500t
・晨風丸(しんぷうまる):佐賀藩が長崎で建造の木造コットル帆船,全長21.8m 船幅5.8m,排水量50t

画像


更に文久元(1861)年までには南端に『製作場』『御修覆場』が整備され、三重津は役所機能と海軍教育機能も付加されていきました。

画像


慶応元(1865)年には、ここ三重津で日本人の手だけによる国産初の蒸気船『凌風丸(りょうふうまる)』が建造され、また幕府注文のボイラー3台を製造する等、佐賀藩は当時全国一の工業国としてその技術力の高さを天下に示していました。

画像


画像


【補足】
・凌風丸(りょうふうまる):1865年佐賀藩が三重津で建造の木造外輪蒸気船,10馬力,全長18.2m 船幅3.3m,排水量不明

画像


また江戸幕府を終わらせた戊辰戦争が勃発すると、多くの佐賀藩兵がここ三重津から乗船して出撃し、後に佐賀藩は明治維新の原動力となった雄藩として薩長土肥の一角に数えられるような活躍を見せることになります。

画像


しかし約10年後に迎えた明治維新で廃藩置県が行われると、藩独自の海軍所の役割が次第に失われていきます。

画像


三重海軍所が明治初期のいつまで機能していたかは資料が少なく現在不明ですが、『官軍進達』によると佐賀藩が所有していた蒸気船については、明治4年までに『電流丸』『延年丸』が長崎で売却された事等船の動向だけは窺い知る事ができます。

画像


【補足】
佐賀藩が保有していた蒸気船の内『神行丸』については、明治4年に伊万里県から継続利用願が出ている事から、佐賀藩時に所有していた全ての蒸気船が売却されていた訳ではなかったと云われています。

画像


その後明治28(1895)年に、三重津近隣の中川副村早津江に『早津江(はやつえ)船舶合資会社』が設立されました。

この会社では回漕業(かいそうぎょう)や帆船の製造修理を行っていましたが、5年後の明治33(1900)年に残念ながら解散することとなります。

画像


また『佐賀商船学校誌』によると、三重津海軍所跡には明治35(1902)年に『佐賀群立海員養成学校』が設立されています。

画像


この施設は後の明治43(1910)年に『佐賀県立佐賀商船学校』として生まれ変わり、昭和8(1933)年の閉校まで海員養成機能を有していました。

画像


日本最初の海軍所『三重津海軍所跡』地は、現在は『佐野記念公園』として整備され、世界遺産九州・山口の近代化産業遺産群」」登録に向けて発掘調査が進められています。

是非日本の近代遺産として世界遺産登録と保存・保護をして後世に残してほしいと思います。

画像


画像


----------------------------------------------
三重津海軍所跡(佐野記念公園)

住所:佐賀県佐賀市川副町大字早津江津
電話:0952-34-9455
交通:JR佐賀駅より佐賀市営バス早津江線30分
三重角バス停下車徒歩6分

西鉄電車柳川駅より南筑交通沖新線30分
終点早津江バス停下車、徒歩で6分

長崎自動車道佐賀大和ICより車40分
有明佐賀空港より車10分
----------------------------------------------

画像






【参考文献】
『三重津海軍所跡』佐賀市教育委員会

画像


日本海軍の基礎である佐賀藩海軍史についてもっと知りたい方は参考にどうぞ。
佐賀藩海軍史覆刻
楽天ブックス
商品副データ明治百年史叢書秀島成忠原書房この著者の新着メールを登録する発行年月:1972年12月登録

楽天市場 by 佐賀藩海軍史覆刻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




宮地嘉六と街を歩く 小説・随想集 〈広島・関西編1〉
休山舎
宮地 嘉六

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宮地嘉六と街を歩く 小説・随想集 〈広島・関西編1〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

beetle
2011年05月20日 07:50
海軍は興味がそそられる話でした。
この時代は列強国に追い付け追い越せで皆さんの前向きで、真面目な姿勢は共感が得られますね!
当時の軍艦はカッコイイ、美しいと言わざるをえない程goodですね(驚きました)!
2011年05月21日 04:18
軍艦ですか。
アメリカのNAVYの展示を見てきましたが興味がおありですか?現役を退いた空母丸ごと一つが資料館になっていました。
2011年05月21日 09:49
佐賀県と言えば烏賊ずくし(何烏賊かしら?)白くておいしかった事。鯛ずくしのお料理もおいしかったです。
まず食べる事ばかり、思い出す食いしん坊さんですね。(苦笑)それから吉野ヶ里。名護屋城跡など記憶に残っています。そう、大隈邸も有りますね。
軍港、古い歴史を秘めているのですね。海に囲まれているのですから、当然と言えば当然でしょうけれど、改めて考えさせられ勉強になりました。
2011年05月21日 20:21
日本海軍の発祥の地が佐賀にあったとは知りませんでした。いつも勉強になります。

佐賀や長崎は行ったことがないので、一度行きたいと思っています。これからも地元の話を是非ご紹介ください。

2011年05月21日 21:57
 しばやんさんのご紹介で訪問させていただきました。佐賀が日本海軍の創業者とは。わたしはてっきり坂本龍馬かと思い込んでいました。

 佐賀藩は江藤新平の印象が強かったんですが、佐賀の底力を感じました。ありがとうございました。
よんちゃま!
2011年05月23日 11:42
「凌風丸」・・・・たった10馬力で 船が動いていたとは・・・。『干満の差で』・・・昔の人の「知恵」ですよね!
2011年05月24日 11:38
ゆうじさんのお部屋に来れば、なぜか、いつもPCがフリーズ!してしまいます。
なぜに??(>_<)
2011年05月31日 07:05
beetleさん
いつもありがとうございます。

確かに昔の船は見とれてしまうくらいカッコ良いですね。
横浜の日本丸なんか身近ですが、もっと観光用でも復元してくれると嬉しいと思ってます。
2011年05月31日 07:07
DONさん
こんにちは。

空母丸ごと資料館ですか。
凄いですね。それは何処にありますか?
2011年05月31日 07:23
けんちゃんさん
こんにちは。

拙いBlogですが、読んで頂きまして恐縮です。
宜しければ過去の記事も読んで頂けるとなお嬉しいです。
2011年05月31日 07:33
S子さんいつもありがとうございます。 また良ければ私の地元に遊びに来て下さいね。

名所や美味しい店等いつでもナビさせて頂きますよ♪
2011年05月31日 07:40
しばやんさん
こんにちは。

今回初めて地元ネタを書きましたが、思っていたより良い評判と反響がありました。

また頃合いを見て紹介させて頂きますね。
2011年05月31日 08:06
よんちゃま!さん
こんにちは。

そこに気付いて頂けましたか。嬉しいです。

話しはちょっと変わりますが、エジプトのナイル川も昔から季節風を利用して船を動かすなど先人の知恵が生かされています。

昔の人も良く考えていたのですね。
2011年05月31日 08:10
おののさん
こんにちは。

すみません。
きっと私のJava Scriptのせいでしょう。

減らすかどうか検討させて頂きますね。

この記事へのトラックバック