テーマ:オーストリア

世界遺産 ザルツブルグ(Salzburg) part3 『パラケルススと賢者の石』

最近『鋼の錬金術師』を読んでいて、作品の中に出てくる『賢者の石』から今回のネタが頭を過ぎりました。中世ヨーロッパでは『錬金術』が盛んに行われていましたが、その数多くいる『錬金術師』の中でも特に有名な人物は『人造人間ホムンクルス』の製造に成功したと伝わるスイス出身の『パラケルスス』です。 今回はその『パラケルスス』が晩年を過…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ウィーン(Wien) part7 シェーンブルン宮殿 『モーツァルトとマリー・アントワネット』

有名な話しですが、今回はシェーンブルン宮殿での逸話を紹介します。 女帝マリア・テレジア(Maria Theresia,1717-1780)の娘である皇女マリー・アントワネット(Marie Antoinette,1755-1793,ドイツ名:マリア・アントーニア…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

ウィーン(Wien) part6 シェーンブルン宮殿(Schloss Schonbrunn)

シェーンブルン宮殿は17世紀に建てられたオーストリアはウィーンにある宮殿で、庭園群と共に1996年に世界遺産に登録されています。 ハプスブルク王朝歴代君主の離宮として主に使用されてきましたが、ナポレオンによる占領やウィーン会議、 皇帝カール1世(ハプスブ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

旅のノウハウ 文化編 part15 『永世中立国』

戦争をしない平和な国『永世中立国』 という認識にはちょっと語弊があるかもしれません。 永世中立国の筆頭格といえば『スイス』です。真っ先に思い浮かぶ方も多いと思います。 そもそも永世中立国とは『将来多国間で発生した有…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チロル地方 part2 『インスブルックの凱旋門』

夜の凱旋門。。。 凱旋門といっても今回紹介するものはパリではありません。 私はこれまで3つの凱旋門※を見てきましたが、美しさではこのインスブルックの 夜景とマッチした凱旋門が一番印象的{%顔文字ハートh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チロル地方 part1 『アルプス山脈』 その1

ヨーロッパのドライブで一番印象に残ったのは「チロル」地方です。 (チロルチョコのチロルね) チロル(独:Tirol, 英:Tyrol)はオーストリアとイタリアに跨っているアルプス山脈東部の地域です。 オーストリアの世界…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン(Wien)歴史地区 part2 『ヴォティーフ教会(Votivkirche)』 その1

ヴォティーフ教会は、オーストリアはウィーン9区にある教会です。 この教会は17世紀に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が暗殺から逃れられたことを神に感謝したことを きっかけに、リングシュトラーセ沿いに建てられたネオ・ゴシック様式の教会です。 ライトアップを真近で見ました{%うれしい(ルンル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン(Wien)歴史地区 part1 『馬車』

先々月の欧州旅行(ドイツ,オーストリア,スイス,リヒテンシュタイン,フランス)では 主に17都市を回りましたが、一番印象の良い街は オーストリアの「ウィーン」でした。 ウィーンで先ず紹介したいのは「馬車」です。 馬車が通る街は数多く見てきましたが、この街ほど似合う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more