テーマ:世界遺産

サンクトペテルブルク(St. Petersburg) part1 『死の真相』 第一部 ネヴァ川

クリミア半島介入の影響でロシアの通貨「ルーブル」が大暴落しています。この状況で今旅行先としてロシアを選ぶことがお徳になっており、現在ロシアを訪れる人が増えています。そのロシアの中でも一番人気のある都市が古都『サンクトペテルブルク』。今回は久しぶりの二部構成で、このサンクトペテルブルクを舞台にロシアが生んだ偉大な作曲家『ピョートル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロワール渓谷 part1 世界遺産 シュノンソー城 『白衣の王妃』

『フランスの庭』の異名を持つ世界遺産『シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷』。この地域にはため息が出る程見る者を魅了させてくれる300以上もの沢山の城が建てられています。今回はその中でも艶かしい姿から、あの有名な『ヴェルサイユ宮殿』の次にフランスで人気の高いといわれる美しい城『シュノンソー城』に秘められた呪いの…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

パリ(Paris) part5 4区 世界遺産 パリ市庁舎 『史上最も優雅な毒殺魔』

フランスのパリを彩る歴史的建築物の中でも世界遺産に登録されているパリ市庁舎は一際輝いています。ここは今でこそ観光名所の一つに数えられる場所となっていますが、嘗てその目前はグレーヴ広場(現在はオテル・ド・ヴィル広場)と呼ばれた重罪人の死刑執行が行われる処刑場でした。今回は美貌を誇る才女でありながらこの広場で処刑された恐ろしい女性『…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

世界遺産 ヴェネツィア(Venezia) part2 ドゥカーレ宮殿 『稀代の女たらし』

イタリア人は恋愛に積極的で特に男性は綺麗な女性を見かけると直ぐ声をかけるプレイボーイの様なイメージがありますが、以前イタリアを旅したときにこれは当たっていると思いました(笑)。さて今回はそんなイタリア人の代表格とも言える伊達男『ジャコモ・カサノヴァ』を世界遺産の街『ヴェネツィア』にある彼が脱獄した事で有名なサン・マルコ広場のドゥ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

世界遺産 ザルツブルグ(Salzburg) part3 『パラケルススと賢者の石』

最近『鋼の錬金術師』を読んでいて、作品の中に出てくる『賢者の石』から今回のネタが頭を過ぎりました。中世ヨーロッパでは『錬金術』が盛んに行われていましたが、その数多くいる『錬金術師』の中でも特に有名な人物は『人造人間ホムンクルス』の製造に成功したと伝わるスイス出身の『パラケルスス』です。 今回はその『パラケルスス』が晩年を過…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

世界遺産 ケベック・シティ(Quebec City) part1 『カナダの由来』

カナダの公用語には英語の他にフランス語があります。それはカナダがイギリスの植民地になる前にフランスの植民地であった過去が関係しています。今回はカナダのフランス文化圏ケベック州の州都ケベック・シティに残る要塞跡の写真と共にカナダの国名の由来を紹介します。 フランスとカナダの繋がりを感じれます♪ 限定レア美品ピンズ◆…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

世界遺産 ベルン(Bern) part4 Einstein-Haus その2 『特殊相対性理論』

『相対性理論』はこの街から生まれた。 以前『相対性理論』が書かれたスイスの首都ベルンにあるアインシュタインハウスを紹介しました。 もう一度紹介するだけでは面白くないので前回と趣向を変えて『相対性理論』にちょっとだけ踏み込んでみたいと思います。 今回は相対性理論の生まれたベルンの美しい街並みの写真と共に『…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

サン・ドニ(Saint-Denis) part1 世界遺産 サン・ドニ大聖堂 『革命政府の墓荒し』

打倒王政の先駆けとして有名なフランス革命。その裏でフランス革命政府が実際に起こしたある残酷な事件の記録が残っています。 パリ郊外にあるサン・ドニ教会と墓地は何世紀もの間国王の葬儀や戴冠式が華やかに行われた由緒正しき場所であり、また歴代フランス王家の一族が眠る霊廟として有名な場所です。 パリのノートルダム大聖堂より…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

世界遺産 ヴェネツィア(Venezia) part1 『マルコ・ポーロとジパング』

日本が『黄金の国ジパング』として世界に紹介されるきっかけは、13世紀マルコ・ポーロが残した『東方見聞録』です。その『東方見聞録』誕生秘話を紹介します。 1270年末にマルコ・ポーロは父ニコロと叔父マフェオと共に元(げん)を目指して生まれ故郷のヴェネツィアを出発し、中国を始めアジア各地を歴訪後西暦1295年(当時マル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウィーン(Wien) part7 シェーンブルン宮殿 『モーツァルトとマリー・アントワネット』

有名な話しですが、今回はシェーンブルン宮殿での逸話を紹介します。 女帝マリア・テレジア(Maria Theresia,1717-1780)の娘である皇女マリー・アントワネット(Marie Antoinette,1755-1793,ドイツ名:マリア・アントーニア…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

ウィーン(Wien) part6 シェーンブルン宮殿(Schloss Schonbrunn)

シェーンブルン宮殿は17世紀に建てられたオーストリアはウィーンにある宮殿で、庭園群と共に1996年に世界遺産に登録されています。 ハプスブルク王朝歴代君主の離宮として主に使用されてきましたが、ナポレオンによる占領やウィーン会議、 皇帝カール1世(ハプスブ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産 ロルシュ(Lorsch) part1 『王の門』

ヨーロッパ文化の真の起点となった街ドイツは『ロルシュ(Lorsch)』 ロルシュはドイツ中部に属するフランクフルトを擁したヘッセン州の 最南端『ベルクシュトラーセ郡』にある街で、 中世フランク王国のカール大帝時代に発展したロルシュ修道院{%結婚(パチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産 ベルン(Bern) part2 『ベルン中央駅』 その1

日本の駅の多くは機能的に恐らく世界一優れていて魅力的ですが、対してヨーロッパの駅は デザイン性に非常に優れていてそれは魅力的です。 私はこれまで13カ国の駅を訪れてきましたが、欧州の駅の多くはまさに「世界の車窓から」の世界で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more