テーマ:中国

マカオ(Macau) part1 澳門林則徐記念館 『アヘン戦争と三角貿易』

今年はフォークランド(マルビナス)紛争から30年目ということで、パレスチナ・イスラエルでの三枚舌外交等と共に過去のイギリスの横暴さが取り出たされる事も増えています。アジアにおけるその極みは何といっても『アヘン戦争』ではないでし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香港(Hong Kong) part1 九龍寨城公園 『東洋の魔窟』

金融の一大中心地『香港』。この都市は今でこそ映画、美食、ショッピング等多くの魅力を備え、沢山の観光客が訪れていますが、嘗ては『東洋の魔窟』と呼ばれていた九龍城砦が存在しました。 九龍城といってもその実態は城ではなく、老朽化した10階建て程のビルが無数に立ち並んび、無計画に上へ上へと増築していったビル郡でした…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

北京(Beijing) part1 『凸型の理由』

経済成長著しい中国の首都『北京』。この街の中心部は戦後の中華人民共和国成立までは、映画『ラストエンペラー』の舞台でも有名な『紫禁城(故宮)』を中心とした『凸型』という珍しい形を形成した城壁で囲まれていました。 この城壁はこの地が12世紀半ばに建国された『金(王朝)』の首都になってから四角い形で建設が始まっています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

上海 part1 龍華寺 『孫堅の横死』

映画『レッドクリフ』でも有名になった三国志の英雄であり呉の初代皇帝『孫権』。その孫権が即位後に夫『孫堅』に戦死で先立たれた母親『呉夫人』の悲しみを慰めるために建立したとされる上海で最も古い歴史を持つ禅宗寺院が残っています{%顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遼寧省 旅順 part1 『乃木希典と武士道』

日露戦争最大の激戦地である遼東半島の『旅順』。軍港のため規制が厳しい街ですが、最近になってやっと旅行者に開放されてきたので、遼東半島の中心都市『大連』と併せてちょっと散策してきました。今回は旅順攻略戦の会見場所として知られる『水師営(すいしえい)会見所』に纏わるエピソードを紹介します。 旅順要塞跡 日本の存亡をか…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

旅のノウハウ 語学編 part7 『e-mail』

中国語ではe-mailの事を その音から『伊媚児』と表記します。 この伊媚児は中国語では『彼女は可愛い子』という意味になり その言い回しのセンスから特に若い人達に人気があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『広島』

以前住んでいたこともある「広島」の由来を紹介します。 「広島」県は広い島って書きますが、瀬戸内海には面しているとはいえ 島ではありません。 疑問に思ったことはありませんか 広島の由来は大きく2つ説があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一息 『鳥取』

鳥取砂丘。 鳥取の読み仮名って 『とっとり』ですよね。 よく考えると 『取鳥』と文字を逆にする方がとっとりと読めて自然ではないでしょうか 私のちょっとした疑問でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 『姉妹都市と友好都市』

違い知ってますか よく都市の紹介で「この都市と姉妹都市(友好都市)です。」ってありますよね。 基本的に姉妹都市と友好都市は表現の違いだけで同じ意味ですが 姉妹では上下の関係が発生するため、中国などでは配慮して友好都市と表現しています。{%顔モジヘェー(シェイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一息 『チャイナドリーム?』

アメリカンドリームならぬチャイナドリームのニュースが興味を引いちゃいました。 成功している中国人留学生と、経済発展に優秀な人材が必要な中国政府の思惑が一致し、 海外からの帰国が急増しているらしいのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一息 『過ち』

最近よく頭を過ぎる言葉があります。 紀元前551年から紀元前479年に活躍された春秋時代の中国の思想家で 『孔子(こうし)』という方がいらっしゃいますが、 この方の言行をまとめた『論語』に 『過ちて改めざる、之を過ちと謂う』 人間だれしも過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一息 『お好み焼きの思い出』

池袋 某お好み焼き店にて 先日久しぶりにお好み焼きを食べました。 私は基本的に焼くのを人に任せることが多いです。 それは以前広島に住んでいたことが、原因です。 お好み焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 『ラッキー7?』

数字の中で七は、よく欧米で「ラッキー7」という風に 縁起の良い数字とされますが、東洋では違います。 漢字の「七」の語源は「傷の形」です。 切腹したあとの傷痕からきています。 かつて中国では大失態を犯した場合の自害方法として、 腹を十文字に切る文化がありました。 「七」の撥ねの部分は、縦に切った部分から腸を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more