テーマ:由来

京都府八幡市 part1 石清水八幡宮 『くじ引きで決まったトップ』

先日の9/18に日本武道館で行われた『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』は国民的アイドルAKB48の絶対的エースだった前田敦子さん卒業後初めての選抜大会でしたね。島崎遥香さんあらためて優勝おめでとうございます。さてグループの顔ともいうべき選抜メンバーを『じゃんけん』という運試しで決定することには賛否両論あるかと思い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京都新宿区 part9 高田馬場 『意外な決定要因』

東京都新宿区の『高田馬場』といえば有名な早稲田大学があって今ではすっかり学生の町といったイメージが強いですが、かつて近くにはその名の通り馬場がありました。しかしその馬場の位置は今の高田馬場駅から1kmと離れており{%足跡(テンテン…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

奈良県大和郡山市 part1 筒井城跡 『元の木阿弥』

下克上が日常茶飯事であった戦国乱世の時代に生まれて今日まで残っている言葉というのは、『敵に塩を送る』『天王山』など意外に多いです。今回は奈良は大和国の興福寺衆徒筒井氏から生まれた言葉「元の木阿弥」を紹介します。
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

京都市上京区 part1 一条戻橋 『魔界伝説』

平安京最北にあたる一条大路の堀川に架かっていた『一条戻橋』。現在は車が往来するコンクリート製の橋が架かっていますが、この橋には陰陽師で有名な安倍晴明を始めとして様々な逸話が残されています。今回はこの京都随一の魔界スポットの逸話を幾つか紹介します。 平安時代中期、酒呑童子の鬼退治で知られる藤原道長に仕えていた源頼光と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東京都中野区 part1 曹洞宗盛高山保善寺(獅子寺) 『獅子座物語』

紀元前700年頃にヌマ王(ヌマ・ポンピリウス)がローマ暦を直して1年を12ヶ月としてから、太陽暦であるグレゴリオ暦の十二宮をトロピカル方式でいうと今の時期は獅子座(7/23~8/22)にあたります。そこで近くの通称『獅子寺』と呼ばれる東京都中野区の保善寺にちょっと行ってきました。以前紹介したギリシャ神話の『牡牛座物語』が好評だっ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

香港(Hong Kong) part1 九龍寨城公園 『東洋の魔窟』

金融の一大中心地『香港』。この都市は今でこそ映画、美食、ショッピング等多くの魅力を備え、沢山の観光客が訪れていますが、嘗ては『東洋の魔窟』と呼ばれていた九龍城砦が存在しました。 九龍城といってもその実態は城ではなく、老朽化した10階建て程のビルが無数に立ち並んび、無計画に上へ上へと増築していったビル郡でした…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

岐阜県岐阜市 part1 岐阜公園 『マスコミの脚色』

旧百円札の肖像画が印象的な『板垣退助』。彼の残したと言われている今日有名な台詞には次のようなエピソードがあります。 日本では『富国強兵』の名の下に国が大きく変換の時期を迎えた明治時代早々に政権を批判する勢力が存在していました。 この主な勢力は後に『西南戦争』や『佐賀の乱』等を引き起こす士族らや自由と平等を訴えた『…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

北京(Beijing) part1 『凸型の理由』

経済成長著しい中国の首都『北京』。この街の中心部は戦後の中華人民共和国成立までは、映画『ラストエンペラー』の舞台でも有名な『紫禁城(故宮)』を中心とした『凸型』という珍しい形を形成した城壁で囲まれていました。 この城壁はこの地が12世紀半ばに建国された『金(王朝)』の首都になってから四角い形で建設が始まっています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

パリ(Paris) part2 2区 ヴィクトワール広場 『サドとマゾ』

『サド』。所謂『サディズム』の語源となったフランスのマルキ・ド・サド侯爵(以下サド侯爵)(1740~1814)は『悪徳の栄え』や『ソドム120日あるいは淫蕩学校』といったサディズムの作品を残している作家のため、サド侯爵自身もサディストと思われがちですが、実際はマゾ(マゾヒスト)と云われています。 そのサド侯爵が若い…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

兵庫県神戸市 part1 東遊園地 『遊園地と震災被害』

先月の1月17日で阪神・淡路大震災から15年が経過したこともあり、追悼行事の主要会場の一つになっている『東遊園地』を訪れて犠牲者の冥福を祈ると共に震災の傷跡やモニュメントを見てきました。今回は『東遊園地』と震災の{%ビックリ(チカチ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東京都千代田区 part1 『日比谷の由来』

登録型派遣の廃止など雇用制度の見直し問題が騒がれていますが、これに関連して一年前の今頃年越し派遣村で日比谷公園が連日のように報道されていたのが印象に残っている人はまだ多いのではないでしょうか。年明け最初のブログは、この話題に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

滋賀県彦根市 part1 『白猫と七夕伝説』

夏の7~8月にかけて全国各地で開催された七夕まつりを楽しまれた方も多かったかと思います。今回はその七夕伝説の発祥とされている彦根を紹介します 彦根は徳川四天王の1人『井伊直政』…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ミュンヘン(Munchen) part3 レジデンツ博物館 『ギリシャ神話の英雄ペルセウス』

ドイツはミュンヘンのレジデンツ博物館(Residenz Museum)を訪れたときに、私は展示されていたこの『ペルセウス像』に一際目を引きました。 夏の風物詩『ペルセウス座流星群』がもうすぐ見頃ということもあり、今回はギリシャ神話に登場…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

旅のノウハウ 文化編 part14 『ロンドン橋落ちた』

『London Bridge is falling down(「ロンドン橋落ちた」)』 イギリスの有名な童謡ですね。 ロンドンブリッジはテムズ川に架かるロンドンを代表する橋として有名です。 (漫画世代だとキン肉マンにでてくるロビンマスクでお馴染みかもしれません。タワーブリッジ!) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『畑』

「畑(はたけ)」という字は音読みがありませんよね。 この字は日本生まれの漢字なので、訓読みしかありません。 でも何故火編に田で畑なのでしょうか 昔は焼畑農法が主流だったから{%?!…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『広島』

以前住んでいたこともある「広島」の由来を紹介します。 「広島」県は広い島って書きますが、瀬戸内海には面しているとはいえ 島ではありません。 疑問に思ったことはありませんか 広島の由来は大きく2つ説があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『俳優』

水嶋ヒロさんはかっこいいですね。 なぜ役者さんのことを俳優(はいゆう)と表現するかご存知ですか 俳優は元々は道化師などのエンターティナーの職業からきていて 「人に非ず優れたるもの」 を表してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『$マーク』

最近円安の影響もあり「ドル」が復調してきましたが、このドルのマークは そもそも何故「S」に2本線なのでしょうか ユーロはEなので、ドルも「D」でよさそうなものですが・・・ この「S」はスペインの頭文字を表しています アメリカ大陸が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『ハート』

トランプの4つのマークにはそれぞれ意味がありますが、 ハートは何を表しているか知ってますか 多くの人は「心臓」を想像するかも知れませんが、違います。 ヨーロッパではハートは聖職者の象徴で「聖杯」を表しています。 ハートのマーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 part1 『正岡子規記念球場』

都会のオアシス上野公園には「正岡子規記念球場」があります。 なぜ文豪の「正岡子規」と野球に繋がりがあるのか? 意外に思う方もいるかと思います。 そもそも日本にアメリカからベースボールが伝わったときに「野球」という表記を つけた人が、なんと「正岡子規」です。 (「やきゅう」という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 由来編 『109』

渋谷のスクランブル交差点 渋谷と言えば109(マルキュー)。 今回は109の語源を紹介します。 テナントや店舗数が109はオカルトです。 109は東急の子会社でTMD(東急モールズデベロップメント)が運営していて 親会社の東急を数字で表した10(トウ)9(キュウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more