テーマ:語学

旅のノウハウ 語学編 part8 『コールドゲーム』

野球(ベースボール)で大量の点差が発生したときや、天候不良など試合続行不可能になった時点で試合を打ち切ること(試合は成立)をいいますよね。 ただコールドというからには何が寒いのでしょうか。{%?!hdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅のノウハウ 語学編 part7 『e-mail』

中国語ではe-mailの事を その音から『伊媚児』と表記します。 この伊媚児は中国語では『彼女は可愛い子』という意味になり その言い回しのセンスから特に若い人達に人気があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 語学編 part6 『~ic, Mc~』

デヤン・サビチェビッチ, アレン・ボクシッチ, デヤン・スタンコビッチetc 欧州サッカーが好きな人は良くわかると思いますが、特に旧ユーゴスラビア出身の 方の名前で~ッチ(ic)と言う人が非常に多いです。 k-1やプライドで活躍していたミルコ・クロコップもそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 語学編 part4 『PRONTO』

レストランで「PRONTO」ってお店ありますよね。 「PRONTO」はイタリア語です。 電話で日常的に使用する日本語の「もしもし」にあたります。(PRONTO PRONTO!) (私はベネチアの仮面販売店のおばあちゃんが使ってたのを聞いて覚えました。) レストランの「PR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 語学編 part3 『トトカルチョ(totocalcio)って?』

欧州CL 1次リーグ ブレーメン観戦にて サッカーが好きな人は良く分かると思いますが、 日本では「トトカルチョ」の意味を間違って使っている人が多くて違和感を感じます。 トトカルチョ(TOTOCALCIO)はイタリア語で、 TOTOとCALCIOを併せた言葉です。{%ピクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 語学編 part2 『柔術を英語で』

「MANGA(漫画)」「JUDO(柔道)」など世界で使える日本語がありますが、 少し変化して使用されている日本語を紹介します。 日本古来の武道である「柔術(じゅうじゅつ)」は英語では「JU-JUTSU」ではなく 「JIU-JITSU」となります。 最初に聞いた人が聞き間違えたのかもしれませんね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとためになる話 語学編 part1 『soとveryの違い』

「どうもありがとう」を英語で言うと 「Thank you so much」 と 「Thank you very much」 の表現がありますが、この "so" と "very" には使い方にちょっと違いがあります。 "so" は主に女性が使用する表現で、"very" はその逆に主に男性が使用します。 英語…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旅のノウハウ 『相手に合わせる努力』

海外旅行から帰国された方でよく (英語文化圏で)  「英語分からないけど特に困らなかったよ」 (非英語文化圏で) 「英語だけで特に困らなかったよ」 と言われる方がいますが、恐らく・・・ ”相手が困っていた”パターンが多い可能性があると思います。 海外で日本人の方をよく見かけますが、 日本人の方は(現地の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more