テーマ:戦国

京都市東山区 part6 豊国神社 『真の首謀者』

西暦1600年に勃発した天下分け目の『関が原の戦い』。西軍の主力として奮戦した武将では『石田三成』『後藤基次(又兵衛)』『大谷吉継』らが有名ですが、その西軍の中で誰よりも早く出陣式を行い西軍最大の部隊を率いたのは『宇喜多秀家』です。今回はその『宇喜多秀家』が決戦前の戦勝祈願で訪れた京都の豊国神社から定説を覆す見方を紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県岐阜市 part2 稲葉山城(岐阜城) 『いじめの代償』

『パワーハラスメント』『新型うつ病』などの言葉が数え切れず生まれる程日本はストレス社会となっています。特にいじめは時代を遡った戦国の世でもありました。今回は岐阜を訪れて、その戦国の世に生き『織田信長』『豊臣秀吉』に仕え名軍師と呼ばれた『竹中半…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

滋賀県長浜市 part1 脇坂安治屋敷跡 『出世の秘密』

今年のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』のロケ地にもなった浅井氏の本拠『小谷城』。その麓には『関ヶ原の戦い』の寝返りと『賤ヶ岳七本槍』の一人として有名な『脇坂安治(1554~1626年)』の屋敷跡が残っています。 下克上が当たり前であった戦国の世では珍しく、足軽身分の脇坂安治は明智光秀配下からトントン拍子に出世…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

名古屋市中区 part1 曹洞宗亀嶽林萬松寺(万松寺) 『うつけの心理』

覇王『織田信長』が父『織田備後守信秀(以下織田信秀)』の葬儀に抹香を投げ付けたとされる有名な事件が起こった『万松寺』は現在名古屋の繁華街に残っています。 1551(天文20)年、織田信長の父『織田信秀』ははやり病に侵され、同年3/3に42歳(太田牛一の『信長公記』より)の若さで他界します。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

大阪市中央区 part2 細川忠興邸跡 『貴婦人 細川ガラシャ(細川玉)』

今から410年前の今月8月25日(旧暦慶長5年7月17日)、その生き様がかのマリー・アントワネットにも影響を与えオペラ『気丈な貴婦人』のモデルとなった戦国の悲劇の女性『細川玉(ガラシャ)』がその生涯を閉じました。 細川玉(ガラシャ),(永禄6(1563)年-慶長5年7月17日(1600年8月25日)) 細川玉は明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形県米沢市 part1 『直江船と上杉家の対応』

昨年のNHK大河ドラマ『天地人』を見て、『直江兼続』『上杉家』『米沢』etcに興味を持たれた方は多いかと思います。私も昨年久しぶりに米沢を訪れて好きな歴史散策に勤しんできました。先月1月4日は『お船の方』の命日{%うーん…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more