アクセスカウンタ

素敵な街+α

プロフィール

ブログ名
素敵な街+α
ブログ紹介
国内外の素敵な街を『欧州』『日本』『中国』を中心に紹介します。
※当Blog掲載写真の無断使用・転載禁止。(All rights reserved use of photos on this blog)

Photo library←【お知らせ】掲載しきれない写真の一部をこちらで公開しています♪

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
サンクトペテルブルク(St. Petersburg) part1 『死の真相』 第一部 ネヴァ川
サンクトペテルブルク(St. Petersburg) part1 『死の真相』 第一部 ネヴァ川 クリミア半島介入の影響でロシアの通貨「ルーブル」が大暴落しています。この状況で今旅行先としてロシアを選ぶことがお徳になっており、現在ロシアを訪れる人が増えています。そのロシアの中でも一番人気のある都市が古都『サンクトペテルブルク』。今回は久しぶりの二部構成で、このサンクトペテルブルクを舞台にロシアが生んだ偉大な作曲家『ピョートル・チャイコフスキー』の死の真相に迫ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/04/02 01:20
京都市東山区 part6 豊国神社 『真の首謀者』
京都市東山区 part6 豊国神社 『真の首謀者』 西暦1600年に勃発した天下分け目の『関が原の戦い』。西軍の主力として奮戦した武将では『石田三成』『後藤基次(又兵衛)』『大谷吉継』らが有名ですが、その西軍の中で誰よりも早く出陣式を行い西軍最大の部隊を率いたのは『宇喜多秀家』です。今回はその『宇喜多秀家』が決戦前の戦勝祈願で訪れた京都の豊国神社から定説を覆す見方を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/16 01:35
山口県下関市 part1 白石正一郎邸跡・赤間神宮 『援助の力』
山口県下関市 part1 白石正一郎邸跡・赤間神宮 『援助の力』 日本の大会3連覇がかかっているWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。今年は日本人メジャーリーガー不在やオランダ、台湾等の躍進があり苦戦を強いられています。この様なときこそ、勝利にはファンの力が絶対必要ですね。激動の幕末に己の生涯をかけて志の高い若人へ献身的に力を貸した人物がいます。今回は日本の未来に投資した豪商『白石正一郎』と白石家の働きを紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/11 03:28
フィレンツェ(Firenze) part1 オルサンミケーレ教会 『危ない流行』
フィレンツェ(Firenze) part1 オルサンミケーレ教会 『危ない流行』 毎年恒例となっているユーキャン流行語大賞。昨年は大ブレイクしたお笑い芸人のスギちゃんが大賞を受賞し、明るい話題となりましたね。さて、流行には流行語の他に色やファッション等様々なものがありますが、あまり流行ってほしくないものも中にはあります。今回は中世ヨーロッパで大流行し人々を震撼させた『ペスト』に纏わる話を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/04 00:14
佐賀県佐賀市 part2 曹洞宗恵日山高伝寺 『押しかけ女房の秘策』
佐賀県佐賀市 part2 曹洞宗恵日山高伝寺 『押しかけ女房の秘策』 「美魔女」に「熟女芸人」。熟女に関連した新語も多く見られるようになって最近では珍しくなくなってきた感がありますね。昨年は人気お笑いコンビピースの綾部祐二さんと元藤島部屋の藤田紀子さんの熱愛報道もあり、熟女とのカップルというのも珍しくはなくなりました。時代を遡った戦国時代でも少々事情は異なっていますが、私の地元に興味深いエピソードが残っています。今回は『肥前の熊』と呼ばれた猛将『竜造寺隆信』の母『慶ぎん尼』と佐賀藩藩祖『鍋島直茂』の父『鍋島清房』の攻防を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/21 00:34
東京都千代田区 part2 滝沢馬琴住居跡 『やり遂げる執念』
東京都千代田区 part2 滝沢馬琴住居跡 『やり遂げる執念』 先日41歳の若さで急死されたフジテレビの人気番組『ホンマでっか!?TV』の出演でも有名な流通評論家の『金子哲雄』さんは、病気の体をおして仕事をこなし、最後まで評論家としての職務を全うされました。方や昨今の政治家は内閣総理大臣をはじめマニフェストを遂行しないまま辞任し、とても職務を全うされているとは言えない状況が続いております。今回はそんな方々に是非読んで頂きたい困難な状況の中でも諦めず仕事を成し遂げた男と女のエピソードを紹介させて頂きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/10/14 03:57
京都府八幡市 part1 石清水八幡宮 『くじ引きで決まったトップ』
京都府八幡市 part1 石清水八幡宮 『くじ引きで決まったトップ』 先日の9/18に日本武道館で行われた『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』は国民的アイドルAKB48の絶対的エースだった前田敦子さん卒業後初めての選抜大会でしたね。島崎遥香さんあらためて優勝おめでとうございます。さてグループの顔ともいうべき選抜メンバーを『じゃんけん』という運試しで決定することには賛否両論あるかと思いますが、誰がトップとなってもあまり変わらない今の政党ならいっそのことくじ引きで選出した方が新しい風が吹き、案外良い結果となるのかも知れません。実際くじ引きで国のト... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/23 08:44
ロワール渓谷 part1 世界遺産 シュノンソー城 『白衣の王妃』
ロワール渓谷 part1 世界遺産 シュノンソー城 『白衣の王妃』 『フランスの庭』の異名を持つ世界遺産『シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷』。この地域にはため息が出る程見る者を魅了させてくれる300以上もの沢山の城が建てられています。今回はその中でも艶かしい姿から、あの有名な『ヴェルサイユ宮殿』の次にフランスで人気の高いといわれる美しい城『シュノンソー城』に秘められた呪いのストーリーを紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/08/26 05:07
岐阜県岐阜市 part2 稲葉山城(岐阜城) 『いじめの代償』
岐阜県岐阜市 part2 稲葉山城(岐阜城) 『いじめの代償』 『パワーハラスメント』『新型うつ病』などの言葉が数え切れず生まれる程日本はストレス社会となっています。特にいじめは時代を遡った戦国の世でもありました。今回は岐阜を訪れて、その戦国の世に生き『織田信長』『豊臣秀吉』に仕え名軍師と呼ばれた『竹中半兵衛』の有名な逸話を追ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/05/01 16:29
東京都新宿区 part9 高田馬場 『意外な決定要因』
東京都新宿区 part9 高田馬場 『意外な決定要因』 東京都新宿区の『高田馬場』といえば有名な早稲田大学があって今ではすっかり学生の町といったイメージが強いですが、かつて近くにはその名の通り馬場がありました。しかしその馬場の位置は今の高田馬場駅から1kmと離れており、地名とするには若干違和感を感じます。今回はこの地名採用の経緯と知られざる決定要因を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/04/07 16:36
神奈川県鎌倉市 part3 白幡神社(大倉法華堂跡) 『源頼朝謀殺説』
神奈川県鎌倉市 part3 白幡神社(大倉法華堂跡) 『源頼朝謀殺説』 先日鎌倉の白幡神社(大倉法華堂跡) にある『源頼朝』の墓が荒らされたというニュースを見て驚きました。何度も行って思い出のある場所だけにこの心無い行動には心が居た堪れません。今回はこの事件をきっかけに予定を急遽変更して鎌倉幕府初代将軍『源頼朝』の死の真相に迫ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 11

2012/03/16 01:01
東京都渋谷区 part3 東京メトロ銀座線渋谷駅 『地上3階の地下鉄』
東京都渋谷区 part3 東京メトロ銀座線渋谷駅 『地上3階の地下鉄』 渋谷駅はもう開業125周年の節目を迎えました。この渋谷駅で東京メトロ銀座線に乗るとき、地下鉄なのに乗り場が地上3階に位置していて階段を登りつつ不思議に思った経験がある人も多いと思います。周辺が繁華街に囲まれているためちょっと分かり難いかもしれませんが、渋谷駅周辺は道玄坂と宮益坂に挟まれている擂鉢状の窪んだ谷の底に位置しています。今回はこの渋谷の形状に関連した『地上3階の地下鉄』の謎を紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/03/03 02:19
奈良県大和郡山市 part1 筒井城跡 『元の木阿弥』
奈良県大和郡山市 part1 筒井城跡 『元の木阿弥』 下克上が日常茶飯事であった戦国乱世の時代に生まれて今日まで残っている言葉というのは、『敵に塩を送る』『天王山』など意外に多いです。今回は奈良は大和国の興福寺衆徒筒井氏から生まれた言葉「元の木阿弥」を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 11

2012/02/13 18:22
マカオ(Macau) part1 澳門林則徐記念館 『アヘン戦争と三角貿易』
マカオ(Macau) part1 澳門林則徐記念館 『アヘン戦争と三角貿易』 今年はフォークランド(マルビナス)紛争から30年目ということで、パレスチナ・イスラエルでの三枚舌外交等と共に過去のイギリスの横暴さが取り出たされる事も増えています。アジアにおけるその極みは何といっても『アヘン戦争』ではないでしょうか。今回は受験生必見の『アヘン戦争』とこのイギリスの横暴さに対抗した中国の役人『林則徐』を紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/26 02:25
東京都江東区 part1 神保山城守屋敷跡 『原田左之助生存説』
東京都江東区 part1 神保山城守屋敷跡 『原田左之助生存説』 坂本龍馬を暗殺した実行犯は誰かこの幕末最大のミステリーで最初に疑われた人物は新撰組十番隊隊長『原田左之助』です。今回はその『原田左之助』を巡る生存に関するある伝説を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/13 23:23
兵庫県神戸市 part3 神戸海軍操練所跡 『兵どもが夢の跡』
兵庫県神戸市 part3 神戸海軍操練所跡 『兵どもが夢の跡』 幕末の英雄『勝海舟』『坂本龍馬』が率いた『神戸海軍操練所』。この場所は未来の日本を創る壮大な思想を持った夢の舞台でしたが、江戸幕府の嫌疑により実際の活動期間は約1年程と短く、その夢の時間は長くは続きませんでした。今回はこの『神戸海軍操練所』が閉鎖に追い込まれたある事件の意外な決定打に迫ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/03 23:11
パリ(Paris) part5 4区 世界遺産 パリ市庁舎 『史上最も優雅な毒殺魔』
パリ(Paris) part5 4区 世界遺産 パリ市庁舎 『史上最も優雅な毒殺魔』 フランスのパリを彩る歴史的建築物の中でも世界遺産に登録されているパリ市庁舎は一際輝いています。ここは今でこそ観光名所の一つに数えられる場所となっていますが、嘗てその目前はグレーヴ広場(現在はオテル・ド・ヴィル広場)と呼ばれた重罪人の死刑執行が行われる処刑場でした。今回は美貌を誇る才女でありながらこの広場で処刑された恐ろしい女性『ブランヴィリエ侯爵夫人』のスキャンダラスな人生を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/10/21 01:41
神奈川県鎌倉市 part2 日蓮宗大乗山薬王寺 『悲劇の殿様』
神奈川県鎌倉市 part2 日蓮宗大乗山薬王寺 『悲劇の殿様』 今年のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』のヒロイン『お江与(崇源院)』の息子が3代将軍『徳川家光』という事はあまりにも有名です。この徳川家光と将軍の座を争いそして敗れたお江与のもう一人の息子『徳川忠長』という人物をご存知でしょうか。民主党、自民党、派閥・・・何時の世も政争は付き物ですが、その影で多くの犠牲が伴っています。今回はそんな悲劇の殿様の一人『徳川忠長』を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/05 00:01
京都市上京区 part1 一条戻橋 『魔界伝説』
京都市上京区 part1 一条戻橋 『魔界伝説』 平安京最北にあたる一条大路の堀川に架かっていた『一条戻橋』。現在は車が往来するコンクリート製の橋が架かっていますが、この橋には陰陽師で有名な安倍晴明を始めとして様々な逸話が残されています。今回はこの京都随一の魔界スポットの逸話を幾つか紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/17 21:04
世界遺産 ヴェネツィア(Venezia) part2 ドゥカーレ宮殿 『稀代の女たらし』
世界遺産 ヴェネツィア(Venezia) part2 ドゥカーレ宮殿 『稀代の女たらし』 イタリア人は恋愛に積極的で特に男性は綺麗な女性を見かけると直ぐ声をかけるプレイボーイの様なイメージがありますが、以前イタリアを旅したときにこれは当たっていると思いました(笑)。さて今回はそんなイタリア人の代表格とも言える伊達男『ジャコモ・カサノヴァ』を世界遺産の街『ヴェネツィア』にある彼が脱獄した事で有名なサン・マルコ広場のドゥカーレ宮殿の写真で紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/03 00:11

続きを見る

トップへ

月別リンク

人気ブログランキングへ
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
blogram投票ボタン


素敵な街+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる